Home » Excel(エクセル)の使い方 » 印刷 » Excel 2010・2007でエラー値を印刷しない

Excel 2010・2007でエラー値を印刷しない

対象:Excel2007, Excel2010

「エクセル2010 エラー値 印刷しない」
といった検索が行われていることがあります。

Excel 2010でエラー値を印刷しないようにする方法を探している方による検索です。

[スポンサードリンク]

Excel 2007・2010の場合、以下の手順でエラー値を印刷しないように設定できます。


▼操作手順:エラー値を印刷しないように設定する
[ページレイアウト]タブ
 -[ページ設定]グループ
  -[印刷タイトル]ボタンをクリック
 ↓
[ページ設定]ダイアログ
 -[シート]タブ
  -[印刷]
   -[セルのエラー]欄で「<空白>」を選択
 ↓
[ページ設定]ダイアログ
 -[OK]ボタンをクリック

下図の[ページレイアウト]タブ-[ページ設定]グループ-[印刷タイトル]ボタンをクリックすると、

Excel2010・2007でエラー値を印刷しない

エラー値を印刷しないように設定するための、[印刷]-[セルのエラー]欄の配置されている、[ページ設定]ダイアログの[シート]タブがアクティブな状態で表示されます。

下図のように[セルのエラー]欄で「<空白>」を選択すると、ワークシート上にエラーが表示されていても印刷されないようになります。

Excel2010・2007でエラー値を印刷しない

[スポンサードリンク]

Home » Excel(エクセル)の使い方 » 印刷 » Excel 2010・2007でエラー値を印刷しない

TrackBack:0

TrackBack URL

Home » Excel(エクセル)の使い方 » 印刷 » Excel 2010・2007でエラー値を印刷しない

「印刷」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.