Home » Excel(エクセル)の使い方 » 印刷 » エラー値を印刷しない−Excel2003・2002

エラー値を印刷しない−Excel2003・2002

対象:Excel2002,Excel2003

数式や関数を使うと、さまざまなエラーにお目にかかります。
「#REF!」とか「#N/A」とか「#VALUE!」とか表示される、あれです。(Excelにどんなエラーがあるかは「エラー値一覧」をご覧ください。)


勿論エラーはその原因を追究して、エラーとならないように対処すべきものです。

しかし実務では、 原因はわかっていて大きな問題の発生しないエラーだし、エラーとならないようにする処理を入れるほどのこともない。だけど印刷するときに「#REF!」とか出てるのは、さすがによろしくない、というケースもあるでしょう。

[スポンサードリンク]

そんなときExcel 2002,2003ではエラーを印刷しない方法がありますので、試してみてください。


▼操作手順 :セルのエラーを印刷しない
メニュー[ファイル]−[印刷プレビュー]をクリック
 ↓
[印刷プレビュー]画面で[設定]ボタンをクリック
 ↓
[ページ設定]ダイアログ−[シート]タブをクリック
 ↓
[セルのエラー]で「<空白>」を選択
 ↓
[ページ設定]ダイアログ−[OK]ボタンをクリック
 ↓
[印刷プレビュー]画面にエラーが表示されなくなったことを確認して印刷を実行

[セルのエラー]で「--」を選択すれば、エラーの箇所が「--」として印刷されます。

[スポンサードリンク]

Home » Excel(エクセル)の使い方 » 印刷 » エラー値を印刷しない−Excel2003・2002

TrackBack:1

TrackBack URL
エラー表示をさせたくない from インストラクターのネタ帳
対象:Excel Excleで数式・関数を使えるようになった方からよくいただく質問に、「エラーを表示させないようにするにはどうすればいいのか」というものがあります。 C1セルに「=A1/B1」という数式が入力されていて、B1セルが「0」だったりすると、「#DIV/0!」というエラ...

Home » Excel(エクセル)の使い方 » 印刷 » エラー値を印刷しない−Excel2003・2002

「印刷」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.