Home » Excel(エクセル)の使い方 » 印刷 » オブジェクトを印刷する設定のバージョンによる違い

オブジェクトを印刷する設定のバージョンによる違い

対象:Excel2003, Excel2007, Excel2010, Excel2013

オブジェクトを印刷する設定のバージョンによる違い

Excelでは、一つ一つの図形・オートシェイプで、印刷するか印刷しないかの設定を行うことができます。

なお、2003までのMicrosoft Officeで[オートシェイプ]と呼ばれていたものは、2007・2010・2013では[図形]と呼称が変更されています。

[オブジェクトを印刷する]というチェックボックスがあって、[オブジェクトを印刷]するチェックボックスをOffにすることで、個々の図形・オートシェイプを印刷しないようにできます。

この[オブジェクトを印刷する]チェックボックスの存在する場所が、バージョンによってかなり違うので、まとめておきます。

[スポンサードリンク]

2003ではオートシェイプの書式設定ダイアログのプロパティ

Excel 2003の場合、下図のように
 [オートシェイプの書式設定]ダイアログ
  -[プロパティ]タブ
に[オブジェクトを印刷する]チェックボックスが存在します。

オブジェクトを印刷する設定のバージョンによる違い

[オートシェイプの書式設定]ダイアログは、オートシェイプ上で右クリックして表示されるショートカットメニューの[オートシェイプの書式設定]から表示するのが便利でしょう。

2007ではサイズとプロパティダイアログのプロパティ

一番厄介なのがExcel 2007です。
Excel 2007の場合、下図のように
 [サイズとプロパティ]ダイアログ
  -[プロパティ]タブ
に[オブジェクトを印刷する]チェックボックスが配置されています。

オブジェクトを印刷する設定のバージョンによる違い

[サイズとプロパティ]ダイアログは、オートシェイプ上で右クリックして表示されるショートカットメニューの[サイズとプロパティ]から表示するのが便利でしょう。

2010では図形の書式設定ダイアログのプロパティ

2007の反省が2010では垣間見えます。
Excel 2010の場合、下図のように
 [図形の書式設定]ダイアログ
  -[プロパティ]タブ
に[オブジェクトを印刷する]チェックボックスが配置されています。

オブジェクトを印刷する設定のバージョンによる違い

[図形の書式設定]ダイアログは、オートシェイプ上で右クリックして表示されるショートカットメニューの[図形の書式設定]や[サイズとプロパティ]から表示できます。

オブジェクトを印刷する設定のバージョンによる違い

ちなみに、Excel 2007の[図形の書式設定]ダイアログは、上図のような状態でした。

見比べてみると、Excel 2010では、2007の[サイズとプロパティ]ダイアログが[図形の書式設定]ダイアログに取り込まれたことがわかります。

2013では図形の書式設定作業ウィンドウ

2013はタブレットPCに対応していることもあり、UI(ユーザーインターフェース)が2010とは異なっていますが、考え方は2010と同じです。

Excel 2013の場合、下図のように
 [図形の書式設定]作業ウィンドウ
  -[図形のオプション]
   -[サイズとプロパティ]タブ
に[オブジェクトを印刷する]チェックボックスが配置されています。

オブジェクトを印刷する設定のバージョンによる違い

[図形の書式設定]作業ウィンドウは、オートシェイプ上で右クリックして表示されるショートカットメニューの[サイズとプロパティ]や[図形の書式設定]から表示するのが便利でしょう。

[スポンサードリンク]

Home » Excel(エクセル)の使い方 » 印刷 » オブジェクトを印刷する設定のバージョンによる違い

TrackBack:0

TrackBack URL
[スポンサードリンク]

Home » Excel(エクセル)の使い方 » 印刷 » オブジェクトを印刷する設定のバージョンによる違い

「印刷」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.