Home » Windows(ウィンドウズ)の使い方 » Windows Phone(ウィンドウズフォン) » Excel Mobileで年齢計算をするDATEDIF関数はどうなっている?

Excel Mobileで年齢計算をするDATEDIF関数はどうなっている?

対象:Excel Mobile 2010(14.5)

Excelを使い慣れた方の場合、年齢計算・期間計算を行うDATEDIF関数はちょっと不思議な関数であることをご存じでしょう。

[関数の挿入]ダイアログなどには表示されないのに、キーボードから手入力すればちゃんと使えます。

このDATEDIF関数を、Windows Phone上のExcel Mobile 2010で使おうとするとどうなるのか、気になる方は少なくないでしょう。

もちろん、私もとても気になりました。

[スポンサードリンク]

A1セルとB1セルに日付を入力して、タイプミスをしないように慎重に
「=datedif(A1,B1,"y")」
と入力して[Enter]をタップすると以下のようなメッセージが表示されます。


数式の問題
数式の引数の数が間違っていないか、かっこやオペランドが欠けていないか、構文エラーがないかを確認してから、やり直してください。

Excel Mobileでは、DATEDIF関数は、関数として認識されていないようです。

ですが、書式としては関数の形で入力が行われたため、上記のようなエラーメッセージが表示されるのでしょう。

Windows Phone 7.5のExcel MobileではDATEDIF関数を入力できないことがわかったところで、元々DATEDIF関数の含まれているExcelファイルを開くとどうなるのでしょうか。

まずはExcel Web Appで、
「=datedif(A1,B1,"y")」
という数式を手入力して、年齢計算が正しくできていることを確認して、SkyDrive上にExcelファイルを保存します。

次にそのExcelファイルをExcel Mobileで開くと、以下の状態になります。


「ブックを編集できません」
というメッセージが表示され編集不可の状態で開かれる

ちなみに、同じExcelファイルをExcel Web Appで開き、DATEDIF関数を削除してSUM関数を入力して保存すると、Excel Mobileでちゃと編集可能な状態で開くことができるようになります。

つまり、DATEDIF関数の含まれているExcelファイルは、Excel Mobileでは編集不可の状態になってしまうということです。

まとめると、以下のとおりです。


▼Excel Mobile 2010上でのDATEDIF関数の扱い
・DATEDIF関数を手入力しようとしてもエラーと見なされて入力できない
・DATEDIF関数の含まれているExcelファイルを開こうとすると編集不可となる

[スポンサードリンク]

Home » Windows(ウィンドウズ)の使い方 » Windows Phone(ウィンドウズフォン) » Excel Mobileで年齢計算をするDATEDIF関数はどうなっている?

TrackBack:0

TrackBack URL

Home » Windows(ウィンドウズ)の使い方 » Windows Phone(ウィンドウズフォン) » Excel Mobileで年齢計算をするDATEDIF関数はどうなっている?

「Windows Phone(ウィンドウズフォン)」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.