Home » Word(ワード)の使い方 » » 表内で行の上下を入れ替えるショートカットキー−Alt+Shift+↑・↓

表内で行の上下を入れ替えるショートカットキー−Alt+Shift+↑・↓

対象:Word97, Word2000, Word2002, Word2003

表を作成していると、表の中で行の順番、上下を入れ替えたいというときがあります。

そんなときにどうしてらっしゃいますか?

[スポンサードリンク]

空白の行を挿入しておいてからコピペでしょうか。


▼操作方法:表内で行の順序を入れ替える
[Alt]キー+[Shift]キー+[↑]または[↓]キーを押す

上記のようなシヨートカットキーで行をまるごと移動できてしまうのです。

この操作は1行だけに有効なわけではなく、連続した複数行を選択してから[Alt]+[Shift]+[↑][↓]キーを押せば、まとめて移動することもできます。

(ちなみに、Word 2002から[Ctrl]キーを使って離れた箇所を選択することができるようになっていますが、離れた行をまとめて移動させることはできません。)

Wordでの表作成時に、行の順序変更に苦労しているという方は、是非一度お試しください。

関連語句
矢印キー, 方向キー, 短縮キー, Keyboard shortcuts, キーボードショートカット
[スポンサードリンク]

Home » Word(ワード)の使い方 » » 表内で行の上下を入れ替えるショートカットキー−Alt+Shift+↑・↓

TrackBack:2

TrackBack URL
段落の入れ替え from インストラクターのネタ帳
対象:Word 97,2000,2002,2003 レポートや報告書などの長めの文書を作成する際、はじめに書くべき項目を箇条書きにし、バランスを見て全体の構成を考え、それから書きはじめる方がまとまりのある文書が作れるんじゃないかと思います。 こういった手順をとると、項目を箇...
表を分割する from インストラクターのネタ帳
対象:Word 97,2000,2002,2003 メニュー[罫線]−[表の分割]を使って、表を分割できることをご紹介しました。 他にも表を分割する方法はあり、キーボード操作でも表を分割できます。...

Home » Word(ワード)の使い方 » » 表内で行の上下を入れ替えるショートカットキー−Alt+Shift+↑・↓

「表」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.