Home » Word(ワード)の使い方 » » 表に行を挿入するショートカットキー−表の外にある段落でEnterキー

表に行を挿入するショートカットキー−表の外にある段落でEnterキー

対象:Word97, Word2000, Word2002, Word2003, Word2007

表に行を挿入する方法は、右クリックをして表示されるショートカットメニューを利用する方法、メニューを利用する方法ツールバーのボタンを利用し行数を指定して行を追加する方法といろいろあります。

表の最終行の最終セルにカーソルがある状態で[Tab]キーを押すことでも行を追加できることもご紹介しました。

[スポンサードリンク]

行の挿入を行うキーボード操作もあります。


▼操作方法:行を挿入する
表の外側の段落にカーソルがある状態で[Enter]キーを押す

文章で説明するとわかりにくいと思うのですが、下図の赤線で囲われている段落記号の直前にカーソルがある状態で[Enter]キーを押してください。

表に行を挿入する

カーソルのあった下に新しい行が、一行挿入されます。

表の外側の段落記号の前にカーソルを移動するには、最後の列にカーソルがある状態で[→]キーを押すのが便利でしょう。

先日の、最終セルにカーソルがある状態で[Tab]キーを押すのと同様、表にデータの入力をしている途中で行を挿入したいときに便利な操作だと感じます。

[スポンサードリンク]

Home » Word(ワード)の使い方 » » 表に行を挿入するショートカットキー−表の外にある段落でEnterキー

TrackBack:0

TrackBack URL

Home » Word(ワード)の使い方 » » 表に行を挿入するショートカットキー−表の外にある段落でEnterキー

「表」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.