Home » Word(ワード)の使い方 » » 表のセル内で中央揃えにするショートカットキーは?-Ctrl+E

表のセル内で中央揃えにするショートカットキーは?-Ctrl+E

対象:Word2003, Word2007, Word2010

「word2010 ショートカットキー セル 中央」
という検索が行われていました。

Word 2010で、表のセル内の文字列を、中央揃えにするショートカットキーを探している方による検索です。

[スポンサードリンク]

Word 2010に限らずWord 2003でも2007でも、段落を中央揃えにするショートカットキーを使えば、表内・セル内での中央揃えも可能です。


▼操作方法:表のセル内で中央揃えにする
[Ctrl]キー+[E]キーを押す

編集記号を表示しておいて、表のセル内をよく見ると、段落記号が表示されています。

セル内で中央揃えにするショートカットキーは?-Ctrl+E

ルーラーをご覧いただくとインデントマーカーも表示されています。

表の一つ一つのセルの中にも段落が存在しているのです。

ここでは、ショートカットキー[Ctrl]+[E]で表のセル内で中央揃えができるということを覚えるだけではなく、表のセルの中にも段落が存在しているということを、是非ご理解ください。

Wordの表のセル内にも段落が存在している、ということをご存知なかったという方には、表のセルの中で、インデントを設定したり、行間を変更したりといった、段落に対する操作を一度やってみることを、おすすめします。

関連語句
キーボードショートカット, ショートカットキー, 短縮キー, Keyboard shortcuts
[スポンサードリンク]

Home » Word(ワード)の使い方 » » 表のセル内で中央揃えにするショートカットキーは?-Ctrl+E

TrackBack:0

TrackBack URL

Home » Word(ワード)の使い方 » » 表のセル内で中央揃えにするショートカットキーは?-Ctrl+E

「表」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.