Home » ワードマクロ・Word VBAの使い方 » 表・テーブル » Word VBAで選択セルを結合する

Word VBAで選択セルを結合する

動作検証バージョン:64bit Windows 10 Pro + 32bit Word(バージョン2006 ビルド13001.20384 Microsoft Store)

「VBA Wrod 表 縦結合」
という検索キーワードをキッカケにして、表のセルを結合するWord VBAのコードをご紹介しました。

選択されているセルを結合したいのなら、CellsコレクションのMergeメソッドです。

[スポンサードリンク]

選択セルを結合するサンプルマクロ

選択したいセル範囲を選択しておいて、以下のSubプロシージャを実行してください。
Sub 選択セルを結合する()
 With Selection
  If .Information(wdWithInTable) Then
   .Cells.Merge
  End If
 End With
End Sub

サンプルマクロで行っている処理

Selectionオブジェクトに用意されているCellsプロパティで、

選択されているセル範囲を表すCellsコレクションを取得できます。

CellsコレクションのMergeメソッドを実行することで、

選択されているセル範囲が結合されます。

セルが選択されていないときに、Cells.Mergeメソッドが実行されればエラーとなってしまいますから、カーソルが表内に存在するかを事前に判定しています。
  With Selection
   If .Information(wdWithInTable) Then

[スポンサードリンク]

Home » ワードマクロ・Word VBAの使い方 » 表・テーブル » Word VBAで選択セルを結合する

TrackBack:0

TrackBack URL

Home » ワードマクロ・Word VBAの使い方 » 表・テーブル » Word VBAで選択セルを結合する

「表・テーブル」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.