Home » ワードマクロ・Word VBAの使い方 » 表・テーブル » Word VBAでセルを結合する

動作検証バージョン:64bit Windows 10 Pro + 32bit Word(バージョン2006 ビルド13001.20266 Microsoft Store)

「VBA Wrod 表 縦結合」
といった検索キーワードでアクセスがありました。

Word VBAで、表内のセルを縦方向に結合するには、どのようなコードを書けばいいのかを探していらしたのでしょうか。

[スポンサードリンク]

セルを結合するサンプル

以下のSubプロシージャが参考になるでしょう。
Sub セルを結合する()
 With ActiveDocument.Tables(1)
  .Cell(1, 1).Merge MergeTo:=.Cell(2, 1)
 End With
End Sub

アクティブ文書に、2行以上の表を作成しておいてから実行すると、1行目1列目のセルと、
   .Cell(1, 1).Merge MergeTo:=.Cell(2, 1)

2行目1列目のセルが、
   .Cell(1, 1).Merge MergeTo:=.Cell(2, 1)

結合されます。
  .Cell(1, 1).Merge MergeTo:=.Cell(2, 1)

セルを結合するCell.Mergeメソッド

VBAを使ってセルを結合するにはいくつかの方法があり、上記のSubプロシージャではCellオブジェクトに用意されているMergeメソッドを利用しています。

Cell.Mergeメソッドには引数MergeToに、どこまで結合するかを表すCellオブジェクトを指定します。

上記のSubプロシージャでは、TableオブジェクトのCellメソッドを使って、

1行目1列目のセルを表すCellオブジェクトを取得し、
  With ActiveDocument.Tables(1)
   .Cell(1, 1).Merge MergeTo:=.Cell(2, 1)

Cell.Mergeメソッドの引数MergeToに指定するほうも、TableオブジェクトのCellメソッドを使って、2行目1列目のセルを表すCellオブジェクト取得しています。
  With ActiveDocument.Tables(1)
   .Cell(1, 1).Merge MergeTo:=.Cell(2, 1)

最終更新日時:2020-07-31 02:33

[スポンサードリンク]

Home » ワードマクロ・Word VBAの使い方 » 表・テーブル » Word VBAでセルを結合する

TrackBack:0

TrackBack URL

Home » ワードマクロ・Word VBAの使い方 » 表・テーブル » Word VBAでセルを結合する

「表・テーブル」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.