Home » ワードマクロ・Word VBAの使い方 » Selection » 選択されている文字列を取得するWord VBAのコード

選択されている文字列を取得するWord VBAのコード

対象:Word2007, Word2010, Word2013

「ワード マクロ 選択文章を格納」
「word vba 選択データを取り出す」
「word vba 選択 文字列 取得」
といった検索で、このサイト・インストラクターのネタ帳へのアクセスがあることに気づきました。

選択されている文字列を取得するWord VBA(Visual Basic for Applications)のコードを探している方による検索です。

[スポンサードリンク]

選択されている文字列を取得するサンプルマクロ

「ワード マクロ 選択文章を格納」
「word vba 選択データを取り出す」
「word vba 選択 文字列 取得」
という検索キーワードでは、選択されている文字列を取得して、どうしたいのかがわかりませんので、シンプルなマクロをご紹介しておきます。


Sub Sample()

 Dim txt As String

 txt = Selection.Text
 MsgBox txt

End Sub

上記のマクロを実行すると、Word文書上で選択されている文字列が、メッセージボックスに表示されます。

サンプルマクロの解説

文字列型の変数・txtに、選択されている文字列を格納して、
 txt = Selection.Text

メッセージボックスで表示しています。
 MsgBox txt

「Selection.Text」が選択されている文字列を取得するオブジェクト式です。

SelectionプロパティでSelectionオブジェクトを取得して、

選択されている文字列を取得するWord VBAのコード

SelectionオブジェクトのTextプロパティで選択されている文字列を取得するコードです。

選択されている文字列を取得するWord VBAのコード

オブジェクトブラウザーで確認すると、上図のとおり、TextプロパティはSelectionオブジェクトの既定メンバーですから、
 txt = Selection
だけでも、選択されている文字列を取得して、変数・txtに格納することが可能です(ですが可読性の観点から省略しないほうがいいだろうなあと感じます)。

[スポンサードリンク]

Home » ワードマクロ・Word VBAの使い方 » Selection » 選択されている文字列を取得するWord VBAのコード

TrackBack:0

TrackBack URL

Home » ワードマクロ・Word VBAの使い方 » Selection » 選択されている文字列を取得するWord VBAのコード

「Selection」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.