Home » ワードマクロ・Word VBAの使い方 » Selection » 総ページ数・ページ番号を取得するWordマクロ

総ページ数・ページ番号を取得するWordマクロ

対象:Word2007, Word2010, Word2013

「word vba ページ数を取得」
「ワード マクロ ページ番号 取得」
といった検索で、このサイト・インストラクターのネタ帳へのアクセスが時折あります。

総ページ数や、ページ番号を取得するWordマクロ・VBA(Visual Basic for Applications)のコードを探している方による検索です。

この検索キーワードだけでは、具体的にどうしたかったのかがわかりませんので、参考になりそうなシンプルなマクロをご紹介しておきます。

[スポンサードリンク]

ページ数・ページ番号を取得するサンプルマクロ

以下のようなコードで、カーソルのある位置のページ番号と、文書の総ページ数を取得することができます。


Sub ページ番号と総ページ数を取得する()

 Dim msg As String

 With Selection
  msg = "カーソルがあるのは「" & _
   .Information(wdActiveEndPageNumber) & _
   "」ページ目で、" & vbCrLf & "総ページ数は「" & _
   .Information(wdNumberOfPagesInDocument) & _
   "」です。"
 End With

 MsgBox msg

End Sub

例えば、3ページある文書で、1ページ目にカーソルがある状態で上記のマクロを実行すると、
 カーソルがあるのは「1」ページ目で、
 総ページ数は「3」です。
というメッセージが表示されます。

サンプルマクロの解説

SelectionオブジェクトのInformationプロパティを使って、ページ番号やページ数を取得しています。

Informationプロパティは、指定された引数によってさまざまな情報を返してきます。

上記のマクロのとおり、
 定数・wdActiveEndPageNumberを指定すると
  カーソルのある位置のページ番号を
 定数・wdNumberOfPagesInDocumentを指定すると
  総ページ数を
返します。

Informationプロパティに指定できる定数は一覧にしてご紹介していますので、よろしければご参照ください。

総ページ数だけを取得する

なお、Informationプロパティは、オブジェクトブラウザで確認してみると、Selectionオブジェクトの他、Rangeオブジェクトも持っていることがわかります。

総ページ数・ページ番号を取得するWordマクロ

ですから、総ページ数だけを取得するなら
Sub ページ数を取得する()
 MsgBox _
 ActiveDocument.Range.Information(wdNumberOfPagesInDocument)
End Sub
というようなマクロでもOKです。

[スポンサードリンク]

Home » ワードマクロ・Word VBAの使い方 » Selection » 総ページ数・ページ番号を取得するWordマクロ

TrackBack:0

TrackBack URL

Home » ワードマクロ・Word VBAの使い方 » Selection » 総ページ数・ページ番号を取得するWordマクロ

「Selection」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.