Home » ワードマクロ・Word VBAの使い方 » Selection » Word VBAでカーソルを行末に移動する

Word VBAでカーソルを行末に移動する

動作検証バージョン:64bit Windows 10 Pro + 32bit Word(バージョン2006 ビルド13029.20308 Microsoft Store)

「word vba カーソルの移動 行の末尾」
という検索キーワードでアクセスがありました。

Word VBAを使って、行の最後・行末にカーソルを移動するには、どのようなコードを書けばいいのかを探していた方による検索です。

[スポンサードリンク]

行末へカーソルを移動するサンプル

以下のSubプロシージャを実行すると、カーソルが行末に移動します。

Sub 行末にカーソルを移動する()
 Selection.EndKey Unit:=wdLine
End Sub

Selectionオブジェクトに用意されているたくさんのメソッドから、EndKeyメソッドの引数Unitに、

WdUnits列挙型に定義されている定数wdLine(実際の値は5)を、

指定するだけです。

マクロ記録も試しましょう

上記のコードは、Wordでマクロ記録すると自動的に作られるものです。

そもそもWordでは、[End]キーを押すと行末へカーソルを移動できます。

この記事のキッカケである
「word vba カーソルの移動 行の末尾」
を検索なさった方は、この[End]キーの挙動を知れば、済んでしまうような予感もあります。

Wordでマクロ記録を開始してから、[End]キーを押して行末にカーソルが移動したことを確認後、マクロ記録を終了すると、以下のようなコードが作られます。

Sub Macro1()
'
' Macro1 Macro
'
'
 Selection.EndKey Unit:=wdLine
End Sub

引数Extend:=wdExtendで行末まで選択

Selection.EndKeyメソッドの引数はUnitの他に、

Extendも指定できます。

Sub 行末まで選択する()
 Selection.EndKey Unit:=wdLine, Extend:=wdExtend
End Sub

WdMovementType列挙型に定義されている定数wdExtend(実際の値は1)を指定すると、

カーソルのあった位置から行末まで選択できます。

最終更新日時:2020-09-01 11:25

[スポンサードリンク]

Home » ワードマクロ・Word VBAの使い方 » Selection » Word VBAでカーソルを行末に移動する

TrackBack:0

TrackBack URL

Home » ワードマクロ・Word VBAの使い方 » Selection » Word VBAでカーソルを行末に移動する

「Selection」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.