Home » ワードマクロ・Word VBAの使い方 » Selection » Word VBAのSelection.TypeTextメソッドとは

Word VBAのSelection.TypeTextメソッドとは

動作検証バージョン:64bit Windows 10 Pro + 32bit Word(バージョン2004 ビルド12730.20270 Microsoft Store)

「Selection オブジェクトの TypeText メソッド」
という検索キーワードでアクセスがありました。

Word VBAの、Selectionオブジェクトに用意されているTypeTextメソッドについて、

調べていた方による検索です。

[スポンサードリンク]

Selection.TypeTextを利用するサンプル

SelectionオブジェクトのTypeTextメソッドを使うと、引数に指定した文字列をカーソル位置に入力できます。
Sub sample()
 Selection.TypeText "★サンプル文字列★"
End Sub

上記のSubプロシージャを実行すると、アクティブなWord文書でカーソルのある位置に「★サンプル文字列★」という文字列が入力されます。

オブジェクトブラウザーで定義を確認しましょう

Selection.TypeTextがどのようなメソッドなのか、拙著『いちばんやさしいPowerPoint VBAの教本』でも繰り返し行っているように、オブジェクトブラウザーを使って確認しましょう。

オブジェクトブラウザーのクラスペインで「Selection」を選択して、メンバーペインで「TypeText」を選択すれば、

詳細ペインで「Sub TypeText(Text As String)」と定義されていることを

確認できます。

詳細ペインの
  Sub TypeText
という表示から、戻り値のないメソッドであることがわかり、
  (Text As String)
という表示から、「Text」という名前のString型の引数を必ず指定しなければならないことが読解できます。

RangeオブジェクトにTypeTextメソッドはない

Word VBAのRangeオブジェクトには、Selectionオブジェクトと同じようなプロパティ・メソッドがかなり用意されています。

しかしTypeTextメソッドはRangeオブジェクトにはありません。

もしもRangeオブジェクトにもTypeTextメソッドが存在していたなら、メンバーペインで「TCSCConverter」と「WholeStory」の間に「TypeText」が表示されているはずです。

最終更新日時:2020-06-07 17:19

[スポンサードリンク]

Home » ワードマクロ・Word VBAの使い方 » Selection » Word VBAのSelection.TypeTextメソッドとは

TrackBack:0

TrackBack URL

Home » ワードマクロ・Word VBAの使い方 » Selection » Word VBAのSelection.TypeTextメソッドとは

「Selection」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.