Home » ワードマクロ・Word VBAの使い方 » Selection » Word VBAで選択範囲の文字数を取得する-Range.ComputeStatisticsメソッド

Word VBAで選択範囲の文字数を取得する-Range.ComputeStatisticsメソッド

動作検証バージョン:64bit Windows 10 Pro + 32bit Word(バージョン2001 ビルド12430.20184 Microsoft Store)

「WordVBA選択した文字数」
「word vba 選択範囲の文字数を取得」
といった検索キーワードで、時折アクセスがあります。

[スポンサードリンク]

選択範囲の文字数を取得するサンプル

以下のSubプロシージャが参考になるでしょう。
Sub 選択範囲の文字数を取得する()
 With Selection.Range
  Debug.Print .ComputeStatistics(wdStatisticCharacters)
  Debug.Print .ComputeStatistics(wdStatisticCharactersWithSpaces)
  ' Debug.Print .ComputeStatistics(wdStatisticFarEastCharacters)
 End With
End Sub

Range.ComputeStatisticsメソッドで文字数を取得できる

Rangeオブジェクトに用意されているComputeStatisticsメソッドの引数に、

WdStatistic列挙に定義されている定数wdStatisticCharacters等を指定すると、

文字数を取得できます。

文字数を取得するための定数にwdStatisticCharactersWithSpaces(スペースを含む文字数)も用意されているのが、単語と単語の間にスペースの存在する言語を使う人たちが作ったアプリケーションだなあと感じます。

上記のSubプロシージャではコメントアウトしてあるwdStatisticFarEastCharactersを指定した場合には、日本語等で使われる文字の数だけを取得できます。

「WordVBA選択した文字数」
「word vba 選択範囲の文字数を取得」
ということですから、Selectionオブジェクトに用意されているRangeプロパティでRangeオブジェクトを取得しています。
  With Selection.Range
   Debug.Print .ComputeStatistics(wdStatisticCharacters)

最終更新日時:2020-02-18 15:28

[スポンサードリンク]

Home » ワードマクロ・Word VBAの使い方 » Selection » Word VBAで選択範囲の文字数を取得する-Range.ComputeStatisticsメソッド

TrackBack:0

TrackBack URL

Home » ワードマクロ・Word VBAの使い方 » Selection » Word VBAで選択範囲の文字数を取得する-Range.ComputeStatisticsメソッド

「Selection」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.