Home » エクセルマクロ・Excel VBAの使い方 » グラフ・Chart » 日付軸の表示形式-TickLabels.NumberFormatLocal

日付軸の表示形式-TickLabels.NumberFormatLocal

対象:Excel2010, Excel2013, Windows版Excel2016

オブジェクトブラウザー:TickLabels.NumberFormatLocal

「マクロ 折れ線グラフ 表示形式 日付」
という検索キーワードで、このサイト『インストラクターのネタ帳』へアクセスがありました。

グラフの日付軸で表示形式を設定するには、Excel VBAでどういったコードを書けばいいのか、探していらしたのでしょう。

[スポンサードリンク]

日付軸の表示形式を設定するサンプルマクロ

日付軸を持った折れ線グラフや棒グラフが、埋め込みグラフとして存在するワークシートが存在するときに以下のSubプロシージャを実行すると、日付軸の表示形式が「m月」に設定されます。


Sub 日付軸の表示形式を設定する()
 ActiveSheet.ChartObjects(1).Chart.Axes(xlCategory) _
   .TickLabels.NumberFormatLocal = "m月"
End Sub

実際には1行で書けるコードですけれど、オブジェクトの階層が深く、コードとしては横に長くなりすぎ読み辛いため「 _」で物理的に改行しています。

TickLabels.NumberFormatLocalで軸の表示形式を設定できる

AxisオブジェクトのTickLabelsプロパティで、軸の目盛ラベルを表すTickLabelsを取得できます。

オブジェクトブラウザー:Axis.TickLabels

そのTickLabelsオブジェクトのNumberFormatLocalプロパティを使えば、軸ラベルの表示形式を取得・設定できます。

オブジェクトブラウザー:TickLabels.NumberFormatLocal

TickLabelsオブジェクトはコレクションではない

ちなみに「TickLabels」と複数形になっているために、TickLabelsをコレクションオブジェクトと考える方がいるかもしれませんけれど、それは違います。

拙著『いちばんやさしいExcel VBAの教本』のLesson 53「コレクションオブジェクトについて学習しましょう」で触れているとおり、コレクションオブジェクトには含まれる単独のオブジェクトの数を取得するCountプロパティや、

コレクションのCountプロパティ

単独のオブジェクトを取得するための「Item」という名前のプロパティ(またはメソッド)が用意されています。

これに対しTickLabelsオブジェクトには、Countプロパティや、Itemという名前のプロパティやメソッドも存在しませんから、

オブジェクトブラウザー:TickLabels

コレクションオブジェクトではなく、単なるオブジェクトです。

[スポンサードリンク]

Home » エクセルマクロ・Excel VBAの使い方 » グラフ・Chart » 日付軸の表示形式-TickLabels.NumberFormatLocal

TrackBack:0

TrackBack URL
[スポンサードリンク]

Home » エクセルマクロ・Excel VBAの使い方 » グラフ・Chart » 日付軸の表示形式-TickLabels.NumberFormatLocal

「グラフ・Chart」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.