Home » Excel(エクセル)の使い方 » データの入力規則 » リスト選択をキーボード操作で−Alt+↓キー

リスト選択をキーボード操作で−Alt+↓キー

対象:Excel97,Excel2000,Excel2002,Excel2003,Excel2007

入力規則機能を利用したドロップダウンリストの作成について、ご紹介してきました。


この入力規則のドロップダウンリストについて、
「リストから選択するのをキーボードでやるにはどうしたらいいのでしょうか?」
というご質問をいただくことがあります。

[スポンサードリンク]

キーボードに不慣れな方からこういったご質問をいただくことはまずありませんが、キーボード操作に慣れてきて、マウスとキーボードとの間で手を往復させるのを面倒に感じる方から、この手のご質問をいただくことがあります。


▼操作手順:リストからキーボードで項目を選択する
[Alt]キー+[↓]キーを押す
 ↓
リストが表示されたら、[↓]キーや[↑]キーでカーソルを移動
 ↓
選択したい項目が選択されたら[Enter]キーを押す

入力規則を利用したドロップダウンリストでも、Windowsで一般的に利用できるキーボード操作を利用することができるということです。

ドロップダウンリストからの選択を、いつもマウスで行っていたという方は一度お試しください。

[スポンサードリンク]

Home » Excel(エクセル)の使い方 » データの入力規則 » リスト選択をキーボード操作で−Alt+↓キー

TrackBack:1

TrackBack URL
Googleスプレッドシートでドロップダウンリストから入力できるようにするは? from インストラクターのネタ帳
対象:Googleスプレッドシート Excelを使っていた方がGoogleスプレッドシートを使うようになって、戸惑うポイントや探してしまう機能はいくつか...

Home » Excel(エクセル)の使い方 » データの入力規則 » リスト選択をキーボード操作で−Alt+↓キー

「データの入力規則」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.