Home » Excel(エクセル)の使い方 » データの入力規則 » ドロップダウンリストを作成する−セル参照

ドロップダウンリストを作成する−セル参照

対象:Excel97, Excel2000, Excel2002, Excel2003

[データの入力規則]ダイアログで、データを直接入力してドロップダウンリスト作成する方法をご紹介しました。

ダイアログ上でデータを入力するのではなく、セルを参照してドロップダウンリストを作成することもできます。

[スポンサードリンク]

特にリストに表示する項目が多い場合、直接入力するよりもセル参照のほうが便利じゃないかと思います。

▼操作手順:入力規則機能でドロップダウンリストを作成する
※I1:I3セルに「東京」「大阪」「名古屋」と入力しておき、A1セルでリストに表示されるようにする例

I1:I3セルに「東京」「大阪」「名古屋」と入力
 ↓
A1セルを選択
 ↓
メニュー[データ]−[入力規則]をクリック
 ↓
[データの入力規則]ダイアログ−[設定]タブをクリック
 ↓
[条件の設定]欄
 −[入力値の種類]コンボボックスから「リスト」を選択
 ↓
[元の値]欄をクリック後
 ワークシートのI1:I3セルをドラッグ
 ↓
[元の値]欄に「=$I$1:$I$3」と表示されたことを確認後
 [データの入力規則]ダイアログ−[OK]ボタンをクリック

▼サンプルファイル(002291.xls 27KByte)ダウンロード

サンプルファイルは上記の手順で作成したもので、A1セルにドロップダウンリストが表示されます。

また、ユーザーには見える必要のないI列を非表示にしています。

なお一つのブックの中で入力規則機能を使ったドロップダウンリストを複数使うのなら、リストに表示する元データを一つのワークシートにまとめておくのが、ユーザビリティや保守性の面から得策じゃないかと思っています。
関連語句
プルダウンリスト,ドロップダウンリスト 
[スポンサードリンク]

Home » Excel(エクセル)の使い方 » データの入力規則 » ドロップダウンリストを作成する−セル参照

Home » Excel(エクセル)の使い方 » データの入力規則 » ドロップダウンリストを作成する−セル参照

「データの入力規則」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.