Home » Office 2007(オフィス2007)の使い方 » Word 2007(ワード2007) » 下書きで保存したWordファイルを下書きで開くように

下書きで保存したWordファイルを下書きで開くように

対象:Word2007, Word2010

Wordの下書きモードについてご紹介しました。

Word 2003の場合、下書きモードで保存したWordファイルは、次に開いたときにも下書きモードで開かれます。

Microsoftの「文書の各種の表示方法について」という文書にもWord 2003について以下のような記述があります。


文書は、最後に保存したときと同じ設定の表示で開かれます。他の人から受け取った文書を開くと、その人が保存したときの表示で文書が開かれます。

この仕様が2007で変更され、初期状態のWord 2010・2007の場合、下書きモードで保存しても次に開いたときには下書きモードではなく、印刷レイアウトモードで開かれてしまいます。

[スポンサードリンク]

Word 2010・2007でも、下書きモードで保存した文書を、下書きモードで開かれるようにする設定変更をご紹介します。


▼操作概要:下書きで保存した文書を下書きで開くようにする
[Wordのオプション]ダイアログ
 -[詳細設定]タブ
  -[全般]欄
   -[文書を下書き表示で開けるようにする]チェックをOnにする

下書きで保存したWordファイルを下書きで開くように

[Wordのオプション]ダイアログの表示は、アクセスキー[Alt]→[T]→[O]をおすすめします。

リボンから表示するのなら、Word 2007なら[Officeボタン]-[Wordのオプション]Word 2010なら[ファイル]タブ-[オプション]です。

[スポンサードリンク]

Home » Office 2007(オフィス2007)の使い方 » Word 2007(ワード2007) » 下書きで保存したWordファイルを下書きで開くように

TrackBack:0

TrackBack URL

Home » Office 2007(オフィス2007)の使い方 » Word 2007(ワード2007) » 下書きで保存したWordファイルを下書きで開くように

「Word 2007(ワード2007)」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.