Home » Office 2007(オフィス2007)の使い方 » Word 2007(ワード2007) » 8行×10列を超える表の挿入方法

対象:Word2007

このサイトの検索ログを見ていたら
「word2007 8行×10列を超える表の挿入」
という検索が行われているのに気づきました。

Office 2007でユーザーインターフェースが変更され、それに伴いボタンの動作も2003までとは異なっていることがあります。

2003までの[標準]ツールバー−[表の挿入]ボタンと、2007の[挿入]タブ−[表]グループ−[表]ボタン−[表の挿入]は、表の挿入を行うという点では同じですが、微妙に動作が異なります。

「word2007 8行×10列を超える表の挿入」
という検索は、そんな微妙な動作の違いに起因する疑問を表しています。

[スポンサードリンク]

2003までの[標準]ツールバー−[表の挿入]ボタンは、ドラッグすることで相当大きな表の挿入もできますが、2007の[挿入]タブ−[表]グループ−[表]ボタン−[表の挿入]からは、ドラッグしても8行×10列より大きな表を挿入することはできません。


▼操作手順:8行×10列より大きな表を作成する
[挿入]タブ−
 [表]グループ
  −[表]ボタン
   −[表の挿入]をクリック
 ↓
[表の挿入]ダイアログ
 −[表のサイズ]欄
  −[列数][行数]を指定
 ↓
[表の挿入]ダイアログ−[OK]ボタンをクリック

2003までのWordでも、メニュー[罫線]−[挿入]−[表]をクリックすると、[表の挿入]ダイアログが表示され、列数と行数を指定して表を挿入できました。

それと同様の操作を行うことで、Word 2007で8行×10列より大きな表を作成することができるのです。

[スポンサードリンク]

Home » Office 2007(オフィス2007)の使い方 » Word 2007(ワード2007) » 8行×10列を超える表の挿入方法

TrackBack:0

TrackBack URL

Home » Office 2007(オフィス2007)の使い方 » Word 2007(ワード2007) » 8行×10列を超える表の挿入方法

「Word 2007(ワード2007)」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.