Home » エクセルマクロ・Excel VBAの使い方 » イベントプロシージャ » セルのドラッグ・アンド・ドロップを禁止したい−CellDragAndDropプロパティ

セルのドラッグ・アンド・ドロップを禁止したい−CellDragAndDropプロパティ

対象:Excel97,Excel2000,Excel2002,Excel2003,Excel2007

Excelで業務アプリケーションを作り始めると、いろいろなやりたいことが出てきます。

「セルのドラッグ・アンド・ドロップ編集をできないようにしたいのですが...?」
というのは、そんな要望の一つでしょう。

[スポンサードリンク]

CellDragAndDropプロパティで、ドラッグ・アンド・ドロップ編集可否の設定ができますので、Auto_OpenマクロなどでCellDragAndDropプロパティの値を変更してやれば、セルのドラッグ・アンド・ドロップができないようにすることができます。


▼ドラッグ・アンド・ドロップ編集をできないようにするAuto_Openマクロ
Sub Auto_Open()

 Application.CellDragAndDrop = False

End Sub

▼サンプルファイル(002239.xls 39KByte)ダウンロード

サンプルファイルをマクロを有効な状態で開いていただければ、ドラッグ・アンド・ドロップ編集ができないことをご確認いただけるはずです。

「Application.CellDragAndDrop = False」は[オプション]ダイアログ−[編集]タブ−[ドラッグアンドドロップ編集を行う]チェックボックス(2007では[Excelのオプション]ダイアログ−[詳細設定]−[編集設定]欄−[フィルハンドルおよびセルのドラッグアンドドロップを使用する]チェックボックス)をOffにするのと同じことです。

「Application.CellDragAndDrop = False」が一旦設定されると、ドラッグ・アンド・ドロップ編集を行う設定をしないかぎり、そのパソコンのExcelではドラッグ・アンド・ドロップができなくなってしまいます。

一般的にはドラッグ・アンド・ドロップ編集はできるほうが便利でしょうから、ドラッグ・アンド・ドロップ編集できない状態にしたExcelファイルを閉じるときに、ドラッグ・アンド・ドロップ編集ができる設定に戻しておくほうが、お行儀いいんじゃないかと思います。


▼ドラッグ・アンド・ドロップ編集をできるようにするAuto_Closeマクロ
Sub Auto_Close()

 Application.CellDragAndDrop = True

End Sub

Auto_Closeマクロは、ファイルを閉じるときに実行されるマクロなので、この中で上記のように「Application.CellDragAndDrop = True」を設定してやれば、ドラッグ・アンド・ドロップ編集されたくないファイルを閉じてしまえば、再度ドラッグ・アンド・ドロップ編集できる状態となります。

[スポンサードリンク]

Home » エクセルマクロ・Excel VBAの使い方 » イベントプロシージャ » セルのドラッグ・アンド・ドロップを禁止したい−CellDragAndDropプロパティ

TrackBack:0

TrackBack URL

Home » エクセルマクロ・Excel VBAの使い方 » イベントプロシージャ » セルのドラッグ・アンド・ドロップを禁止したい−CellDragAndDropプロパティ

「イベントプロシージャ」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.