Home » パワーポイントマクロ・PowerPoint VBAの使い方 » Shape・図形 » グループ化図形を目立たせるPowerPointマクロ

グループ化図形を目立たせるPowerPointマクロ

対象:PowerPoint2007, PowerPoint2010, PowerPoint2013, Windows版PowerPoint2016

グループ化されている図形を目立たせるExcelマクロをご紹介しました。

どのアプリケーションでの話か分かりませんが、
「vba グループ化されている図形の書式を変更」
「vbaでグループ化図形の線の色を変える」
という検索でのアクセスもありますので、PowerPoint版もご紹介しておきます。

[スポンサードリンク]

グループ化図形を目立たせるサンプルマクロ

以下のSubプロシージャを実行すると、アクティブスライドのグループ化図形の線が赤色になります。


Sub グループ化図形を目立たせる()
 Dim shp As Shape

 For Each shp In ActiveWindow.Selection.SlideRange.Shapes
  If shp.Type = msoGroup Then
   shp.Line.ForeColor.RGB = RGB(255, 0, 0)
  End If
 Next shp
End Sub

サンプルマクロの解説

ご紹介済みのExcelマクロと、勿論、よく似ています。

違うのは、
  For Each shp In ActiveWindow.Selection.SlideRange.Shapes
の行だけです。

Excel版では、
  For Each shp In ActiveSheet.Shapes
とInの後ろが「ActiveSheet.Shapes」だったのが「ActiveWindow.Selection.SlideRange.Shapes」になっています。

もっというなら、「.Shapes」の前のオブジェクト式が、「ActiveSheet」だったExcel VBAに対しPowerPoint VBAでは「ActiveWindow.Selection.SlideRange」になっているところだけが違います。

PowerPoint VBAにはアクティブなスライドを表すオブジェクトを取得するActiveSlideといったプロパティやメソッドがないので「ActiveWindow.Selection.SlideRange」で取得しています。

[スポンサードリンク]

Home » パワーポイントマクロ・PowerPoint VBAの使い方 » Shape・図形 » グループ化図形を目立たせるPowerPointマクロ

TrackBack:0

TrackBack URL

Home » パワーポイントマクロ・PowerPoint VBAの使い方 » Shape・図形 » グループ化図形を目立たせるPowerPointマクロ

「Shape・図形」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.