Home » パワーポイントマクロ・PowerPoint VBAの使い方 » Shape・図形 » 選択されている図形の名前を取得するPowerPointマクロ

選択されている図形の名前を取得するPowerPointマクロ

対象:PowerPoint2007, PowerPoint2010, PowerPoint2013

「powerpoint vba 選択された図形の名前を取得する」
という検索で、このサイト・インストラクターのネタ帳へのアクセスがありました。

選択されている図形の名前を取得するPowerPoint VBA(Visual Basic for Applications)のコードを探している方による検索です。

[スポンサードリンク]

選択されている図形の名前を取得するサンプルマクロ

以下のマクロを実行すると、選択されている図形の名前が、イミディエイトウィンドウに出力されます。


Sub 選択されている図形の名前を取得する()

 Dim shp As Shape

 With ActiveWindow.Selection

  If .Type = ppSelectionNone Or _
   .Type = ppSelectionSlides Then Exit Sub

  For Each shp In .ShapeRange
   Debug.Print shp.Name
  Next shp

 End With

End Sub

サンプルマクロの解説

まず、実行時エラーが発生しないように、何も選択されていないときなどにはSubプロシージャを終了するようにしています。
 With ActiveWindow.Selection
  If .Type = ppSelectionNone Or _
   .Type = ppSelectionSlides Then Exit Sub

その後、選択されている図形にFor Each~Next文でループを回して、
  For Each shp In .ShapeRange

個々の図形の名前をDebug.Printしています。
   Debug.Print shp.Name

選択されている図形は、
 ActiveWindow.Selection.ShapeRange
というオブジェクト式で取得することができるというところが
「powerpoint vba 選択された図形の名前を取得する」
という検索をした方にとっては最大のポイントでしょう。

エラー処理を入れないのであれば、
 Sub Sample()
  Dim shp As Shape
  For Each shp In ActiveWindow.Selection.ShapeRange
   Debug.Print shp.Name
  Next shp
 End Sub
のようなマクロでOKです。

[スポンサードリンク]

Home » パワーポイントマクロ・PowerPoint VBAの使い方 » Shape・図形 » 選択されている図形の名前を取得するPowerPointマクロ

TrackBack:3

TrackBack URL
動作設定されている図形の情報を取得するPowerPointマクロ from インストラクターのネタ帳
動作の設定されている図形の情報をイミディエイトウィンドウに出力するPowerPointマクロと、選択するPowerPointマクロをご紹介しています。
PowerPoint上で選択されているShapeの名前を取得するExcelマクロ from インストラクターのネタ帳
PowerPoint(パワーポイント)上で選択されている図形の名前を取得するExcel(エクセル)マクロをご紹介しています。
選択されている図形の名前を取得するExcelマクロ from インストラクターのネタ帳
選択されている図形の名前をイミディエイトウィンドウに出力するExcel(エクセル)マクロをご紹介しています。

Home » パワーポイントマクロ・PowerPoint VBAの使い方 » Shape・図形 » 選択されている図形の名前を取得するPowerPointマクロ

「Shape・図形」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.