Home » パワーポイントマクロ・PowerPoint VBAの使い方 » Shape・図形 » 同じ形状の図形の線幅をまとめて変更するPowerPointマクロ

同じ形状の図形の線幅をまとめて変更するPowerPointマクロ

対象:PowerPoint2007, PowerPoint2010, PowerPoint2013

PowerPointで資料を作成しているときに、一つのプレゼンテーションファイルの中の、同じ形をした図形の、線の幅・太さを、まとめて変更したいということがありました。

具体的には、一つのスライドの中に「四角形吹き出し」図形が、

同じ形状の図形の線幅をまとめて変更するPowerPointマクロ

たくさん存在していて、その線の太さを一気に「0.5pt」に変更したい、

同じ形状の図形の線幅をまとめて変更するPowerPointマクロ

という場面があったのです。

一つ一つ手作業で行うとなると、なかなか面倒です。

[スポンサードリンク]

同じ形状の図形の線幅をまとめて変更するサンプルマクロ

その際に作ったPowerPointマクロをご紹介しておきます。


Sub 四角形吹き出しの線幅を変更する()

 Dim shp As Shape

 For Each shp _
 In ActiveWindow.Selection.SlideRange.Shapes

  If shp.AutoShapeType = _
  msoShapeRectangularCallout Then
   shp.Line.Weight = 0.5
  End If
  
 Next shp

End Sub

上記のマクロを実行すると、アクティブなスライドの「四角形吹き出し」の線幅が「0.5pt」に変更されます。

サンプルマクロの解説

アクティブなスライドの全Shapeにループを回して、
 For Each shp _
 In ActiveWindow.Selection.SlideRange.Shapes

そのShapeの形が四角形吹き出し・msoShapeRectangularCalloutだったら、
  If shp.AutoShapeType = _
  msoShapeRectangularCallout Then

線の太さ・幅を0.5に設定しています。
   shp.Line.Weight = 0.5

図形の形状を判定している、
  If shp.AutoShapeType = _
  msoShapeRectangularCallout Then
の部分の定数・msoShapeRectangularCalloutを変更すれば、もちろん他の形状の図形でも同様にまとめて書式変更することができます。

関連語句
VBA, Visual Basic for Applications
[スポンサードリンク]

Home » パワーポイントマクロ・PowerPoint VBAの使い方 » Shape・図形 » 同じ形状の図形の線幅をまとめて変更するPowerPointマクロ

TrackBack:0

TrackBack URL

Home » パワーポイントマクロ・PowerPoint VBAの使い方 » Shape・図形 » 同じ形状の図形の線幅をまとめて変更するPowerPointマクロ

「Shape・図形」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.