Home » パワーポイントマクロ・PowerPoint VBAの使い方 » Shape・図形 » 埋め込みオブジェクトを非表示にするPowerPointマクロ

埋め込みオブジェクトを非表示にするPowerPointマクロ

対象:PowerPoint2007, PowerPoint2010, PowerPoint2013, Windows版PowerPoint2016

埋め込みオブジェクトを非表示にするPowerPointマクロ

「powerpoint マクロ オブジェクトの非表示」
という検索で、このサイト・インストラクターのネタ帳へのアクセスがありました。

何らかのオブジェクトを非表示にする、PowerPointマクロ・VBA(Visual Basic for Applications)のコードを探している方による検索です。

この「オブジェクト」というのが何を意味しているのか不明ですが、ここでは埋め込みオブジェクトを非表示にするPowerPointマクロを、二つご紹介しておきます。

[スポンサードリンク]

アクティブスライドの埋め込みオブジェクトを非表示にするサンプルマクロ

以下のマクロを実行すると、アクティブなスライド上の埋め込みオブジェクトが非表示になります。


Sub 埋め込みオブジェクトを非表示に_アクティブスライド()

 Dim shp As Shape

 For Each shp In _
 ActiveWindow.Selection.SlideRange.Shapes
  If shp.Type = msoEmbeddedOLEObject Then
   shp.Visible = msoFalse
  End If
 Next

End Sub

アクティブなスライド上の全Shapeに対してFor Each~Nextループを回して、
  For Each shp In _
  ActiveWindow.Selection.SlideRange.Shapes

もしも埋め込みオブジェクトだったときに、非表示にしています。
   If shp.Type = msoEmbeddedOLEObject Then
    shp.Visible = msoFalse

「powerpoint マクロ オブジェクトの非表示」
という検索を行った方の意味する「オブジェクト」が埋め込みオブジェクトでなかった場合、はこのIf文を変更すればいいのではないかと考えています。

全スライドの埋め込みオブジェクトを非表示にするサンプルマクロ

以下のようなマクロにすれば、アクティブなプレゼンテーションの、すべてのスライドの埋め込みオブジェクトが非表示になります。


Sub 埋め込みオブジェクトを非表示に_全スライド()

 Dim sld As Slide
 Dim shp As Shape

 For Each sld In ActivePresentation.Slides
  For Each shp In sld.Shapes
   If shp.Type = msoEmbeddedOLEObject Then
    shp.Visible = msoFalse
   End If
  Next shp
 Next sld

End Sub

アクティブなプレゼンテーションの全スライドに対してFor Each~Nextループを回して、
  For Each sld In ActivePresentation.Slides

各スライド上の全Shapeに対してFor Each~Nextループを回して、
   For Each shp In sld.Shapes

もしも埋め込みオブジェクトだったときに、非表示にしています。
    If shp.Type = msoEmbeddedOLEObject Then
     shp.Visible = msoFalse

[スポンサードリンク]

Home » パワーポイントマクロ・PowerPoint VBAの使い方 » Shape・図形 » 埋め込みオブジェクトを非表示にするPowerPointマクロ

TrackBack:0

TrackBack URL

Home » パワーポイントマクロ・PowerPoint VBAの使い方 » Shape・図形 » 埋め込みオブジェクトを非表示にするPowerPointマクロ

「Shape・図形」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.