Home » パワーポイントマクロ・PowerPoint VBAの使い方 » Shape・図形 » PowerPoint VBAでShapeの動作を指定する定数一覧

PowerPoint VBAでShapeの動作を指定する定数一覧

対象:PowerPoint2007, PowerPoint2010, PowerPoint2013, Windows版PowerPoint2016

PowerPoint VBA(Visual Basic for Applications)では、ShapeオブジェクトのActionSettingオブジェクトのActionプロパティを使って、図形等をクリックしたりポイントしたりしたときの動作を指定できます。

この動作の指定は、PpActionType列挙に定義された定数で行うことができます。

Shapeの動作を指定する定数一覧

定数名から値を調べるには、VBE(Visual Basic Editor)のオブジェクトブラウザーを使えばいいわけですが、値から定数名を調べたいこともありますので、値の昇順で一覧を作成しておきます。

[スポンサードリンク]

PpActionType列挙に定義されたActionSetting.Actionプロパティに指定できる定数

定数
-2ppActionMixed
0ppActionNone
1ppActionNextSlide
2ppActionPreviousSlide
3ppActionFirstSlide
4ppActionLastSlide
5ppActionLastSlideViewed
6ppActionEndShow
7ppActionHyperlink
8ppActionRunMacro
9ppActionRunProgram
10ppActionNamedSlideShow
11ppActionOLEVerb
12ppActionPlay
[スポンサードリンク]

Home » パワーポイントマクロ・PowerPoint VBAの使い方 » Shape・図形 » PowerPoint VBAでShapeの動作を指定する定数一覧

TrackBack:1

TrackBack URL
動作設定されている図形の情報を取得するPowerPointマクロ from インストラクターのネタ帳
動作の設定されている図形の情報をイミディエイトウィンドウに出力するPowerPointマクロと、選択するPowerPointマクロをご紹介しています。

Home » パワーポイントマクロ・PowerPoint VBAの使い方 » Shape・図形 » PowerPoint VBAでShapeの動作を指定する定数一覧

「Shape・図形」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.