Home » パワーポイントマクロ・PowerPoint VBAの使い方 » Shape・図形 » 配列とTRANSPOSE関数を使って画像の位置とサイズをExcelに出力するパワポマクロ

配列とTRANSPOSE関数を使って画像の位置とサイズをExcelに出力するパワポマクロ

対象:PowerPoint2007, PowerPoint2010, PowerPoint2013

Functionプロシージャを利用して2次元配列に画像の位置やサイズを格納しておいて、一気にExcelに書き出す形のPowerPointマクロをご紹介しました。

今回はFunctionプロシージャを使わないで、ループ処理の中で配列のサイズ変更を繰り返しながらデータを格納して、Excelのワークシート関数TRANSPOSE関数を利用して、一気に書く出すマクロをご紹介します。

[スポンサードリンク]

配列とTRANSPOSE関数を使って画像の位置とサイズをExcelに出力するサンプルマクロ

以下のようなマクロで、画像の位置とサイズをExcelに出力することができます。


Sub 全画像の位置とサイズをExcelに出力_配列とTranspose関数の利用()

 Const P2CM = 1 / 72 * 2.54 'Points To CentiMeters

 Dim sld As Slide, shp As Shape
 Dim arr()   'スライド番号, 上端から, 左端から, 高さ, 幅
 Dim n As Long '画像の数

 n = 0
 For Each sld In ActivePresentation.Slides
  For Each shp In sld.Shapes
   If shp.Type = msoPicture Then
    n = n + 1
    ReDim Preserve arr(1 To 5, 1 To n)
    arr(1, n) = sld.SlideIndex
    arr(2, n) = shp.Top * P2CM
    arr(3, n) = shp.Left * P2CM
    arr(4, n) = shp.Height * P2CM
    arr(5, n) = shp.Width * P2CM
   End If
  Next shp
 Next sld
 If n = 0 Then
  MsgBox "画像がないため処理を終了します。"
  Exit Sub
 End If

 With CreateObject("Excel.Application")
  .Workbooks.Add
  .Range("A1").Value = ActivePresentation.Name
  .Range("A2").Value = "スライド番号"
  .Range("B2").Value = "上端から"
  .Range("C2").Value = "左端から"
  .Range("D2").Value = "高さ"
  .Range("E2").Value = "幅"
  .Range(.Cells(3, "A"), .Cells(n + 2, "E")).Value _
    = .WorksheetFunction.Transpose(arr()) '行列を入れ替えデータ出力
  .Range("A1:E2").Font.Bold = True
  .Range("A1").CurrentRegion.EntireColumn.AutoFit
  .Visible = True
 End With

End Sub

サンプルマクロの解説

アクティブなプレゼンテーションファイルの全Slideに対するFor Each~Nextループの中で、
 For Each sld In ActivePresentation.Slides
Slide内の全Shapeに対するFor Each~Nextループを回して、
  For Each shp In sld.Shapes
Shapeの種別が画像だったときに、
   If shp.Type = msoPicture Then
    n = n + 1
2次元配列のデータを残しつつサイズを変更しています。
    ReDim Preserve arr(1 To 5, 1 To n)

ここで重要なのは、サイズを変更しているのが2次元配列の第2次元であるということです。

Excelに一気に書き出す処理を考えると、
    ReDim Preserve arr(1 To n, 1 To 5)
を考えてしまいますが、VBA(Visual Basic for Applications)の多次元配列で要素数を変更できるのは、最後の次元だけですから、これではダメです。2次元配列の第1次元のサイズを変更しようとしているからです。

雰囲気としては、
    ReDim Preserve arr(1 To 5, 1 To n)
というコードは、表の行数を5行で固定しておいて、列を増やすイメージです。

配列のサイズを拡大したら、スライド番号・上端からの距離・左端からの距離・高さ・幅を格納します。
    arr(1, n) = sld.SlideIndex
    arr(2, n) = shp.Top * P2CM
    arr(3, n) = shp.Left * P2CM
    arr(4, n) = shp.Height * P2CM
    arr(5, n) = shp.Width * P2CM
この部分が、先日ご紹介したFunctionプロシージャを使ったマクロでは、
    arr(n, 1) = sld.SlideIndex
    arr(n, 2) = shp.Top * P2CM
    arr(n, 3) = shp.Left * P2CM
    arr(n, 4) = shp.Height * P2CM
    arr(n, 5) = shp.Width * P2CM
となっていて大きく異なる部分です。

配列にデータを格納し終わったら、Excelを起動して、
 With CreateObject("Excel.Application")
ブックを追加して、
  .Workbooks.Add
A1セルにプレゼンテーションファイル名を入力して、
  .Range("A1").Value = ActivePresentation.Name
A2:E2セルに見出しを作成後、
  .Range("A2").Value = "スライド番号"
  .Range("B2").Value = "上端から"
  .Range("C2").Value = "左端から"
  .Range("D2").Value = "高さ"
  .Range("E2").Value = "幅"
2次元配列のデータを一気に書き出しています。
  .Range(.Cells(3, "A"), .Cells(n + 2, "E")).Value _
    = .WorksheetFunction.Transpose(arr())

この部分もこのマクロの重要なポイントです。

配列の行・列を入れ替えるために、Excelのワークシート関数・TRANSPOSEを利用しています。

配列とTRANSPOSE関数を使って画像の位置とサイズをExcelに出力するPowerPointマクロ

TRANSPOSE関数は、セル範囲の行・列変換だけでなく、配列の行・列変換も行うことができます。

データを一気に書き出してから、体裁を整えて、
  .Range("A1:E2").Font.Bold = True
  .Range("A1").CurrentRegion.EntireColumn.AutoFit
Excelを表示しています。
  .Visible = True

[スポンサードリンク]

Home » パワーポイントマクロ・PowerPoint VBAの使い方 » Shape・図形 » 配列とTRANSPOSE関数を使って画像の位置とサイズをExcelに出力するパワポマクロ

TrackBack:0

TrackBack URL

Home » パワーポイントマクロ・PowerPoint VBAの使い方 » Shape・図形 » 配列とTRANSPOSE関数を使って画像の位置とサイズをExcelに出力するパワポマクロ

「Shape・図形」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.