Home » パワーポイントマクロ・PowerPoint VBAの使い方 » Shape・図形 » PowerPoint VBAで図形を回転させる-Rotationプロパティ

PowerPoint VBAで図形を回転させる-Rotationプロパティ

動作検証バージョン:Windows版PowerPoint(バージョン1907 ビルド11901.20218)

「パワポ マクロ テキストボックス 回転 vba」
という検索キーワードに気が付きました。

具体的に、どのテキストボックスを、どう回転させたいのかは不明ですが、テキストボックスをPowerPoint VBAで回転させるコードを探していた方による検索です。

[スポンサードリンク]

図形を回転させるサンプルマクロ

以下のSubプロシージャを実行すれば、アクティブなプレゼンテーションの先頭スライド1つ目の図形を、右回りに90度回転できます。

そもそも、PowerPoint VBAでスライド上に存在する操作対象は、テキストボックスも含めてすべてが図形です。


Sub 図形を90度回転させる()
 ActivePresentation.Slides(1).Shapes(1).Rotation = 90
End Sub

Shapeオブジェクトに用意されているRotationプロパティで図形を回転できます。

Shape.Rotationプロパティにマイナスの数値を指定すれば、左回りに回転です。

実行するたびに図形を少しずつ回転させるサンプルマクロ

以下のSubプロシージャを実行するたびに、アクティブなプレゼンテーションの先頭スライド1つ目の図形が、右回りに10度ずつ回転します。


Sub 実行するたびに図形を10度ずつ回転させる()
 With ActivePresentation.Slides(1).Shapes(1)
  .Rotation = .Rotation + 10
 End With
End Sub

最終更新日時:2019-09-11 15:47

[スポンサードリンク]

Home » パワーポイントマクロ・PowerPoint VBAの使い方 » Shape・図形 » PowerPoint VBAで図形を回転させる-Rotationプロパティ

TrackBack:0

TrackBack URL

Home » パワーポイントマクロ・PowerPoint VBAの使い方 » Shape・図形 » PowerPoint VBAで図形を回転させる-Rotationプロパティ

「Shape・図形」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.