Home » パワーポイントマクロ・PowerPoint VBAの使い方 » Shape・図形 » PowerPoint VBAでZOrderPositionを取得する

PowerPoint VBAでZOrderPositionを取得する

対象:PowerPoint 2010, PowerPoint 2013, Windows版PowerPoint 2016

Shape.ZOrderPosition

検索キーワード「shape zorderposition」をキッカケにして、ZOrcerPositionを取得するExcelマクロをご紹介しました。

[スポンサードリンク]

PowerPoint VBAのコードも見ておきましょう。

アクティブスライド上のShapeのZOrderPositionを確認するサンプルマクロ

以下のSubプロシージャを実行すると、Shapeが選択され、そのShapeのZOrderPositonがメッセージボックスに表示されます。


Sub ShapeのZOrderPositionを確認する()
 Dim shp As Shape
 For Each shp In ActiveWindow.Selection.SlideRange.Shapes
  shp.Select
  MsgBox shp.ZOrderPosition
 Next
End Sub

PowerPoint VBAでは、Excel VBAのActiveSheetのように簡単にアクティブなスライドを表すオブジェクトを取得するプロパティが存在しませんので、「ActiveWindow.Selection.SlideRange」で取得しているところが、Excel VBAとの大きな違いです。

選択されている図形のZOrderPositionを確認するサンプルマクロ

選択されている図形のZOrderPositionを表示する場合には、以下のようなSubプロシージャです。


Sub 選択図形のZOrderPosition()
 On Error GoTo ErrHndl
 MsgBox ActiveWindow.Selection.ShapeRange.ZOrderPosition
 Exit Sub
ErrHndl:
 MsgBox "図形を1つだけ選択してから実行してください。"
End Sub

[スポンサードリンク]

Home » パワーポイントマクロ・PowerPoint VBAの使い方 » Shape・図形 » PowerPoint VBAでZOrderPositionを取得する

TrackBack:0

TrackBack URL

Home » パワーポイントマクロ・PowerPoint VBAの使い方 » Shape・図形 » PowerPoint VBAでZOrderPositionを取得する

「Shape・図形」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.