Home » ワードマクロ・Word VBAの使い方 » 表・テーブル » 表のセルを選択するWord VBAのコード

表のセルを選択するWord VBAのコード

対象:Word2007, Word2010, Word2013

「word vba セルの選択」
という検索で、このサイト・インストラクターのネタ帳へのアクセスがありました。

表のセルを選択するWord VBA(Visual Basic for Applications)のコードを探している方による検索でしょう。

「word vba セルの選択」
どの表の、どのセルを選択したいのかがわかりませんので、参考になりそうな簡単なマクロをご紹介しましょう。

[スポンサードリンク]

表の先頭のセルを選択するサンプルマクロ

アクティブなページの、1つ目の表の、1行目1列目のセルを選択することができます。


Sub アクティブページの表の先頭のセルを選択する()

 With ActiveDocument.Bookmarks("\Page").Range.Tables
  If .Count = 0 Then Exit Sub
  .Item(1).Cell(1, 1).Select
 End With

End Sub

アクティブなページの表の数が「0」だったときには、マクロを終了して、
 With ActiveDocument.Bookmarks("\Page").Range.Tables
  If .Count = 0 Then Exit Sub

そうでなかったら(表が存在していたら)1行目1列目のセルを選択しています。
  .Item(1).Cell(1, 1).Select

アクティブなページの1つ目の表を選択する、以下のようなコードをご紹介しています。
 With ActiveDocument.Bookmarks("\Page").Range.Tables
  If .Count = 0 Then Exit Sub
  .Item(1).Select
 End With

今回のセルを選択するマクロは、このコードを少しだけ変更したものです。

表を選択するマクロで、
  .Item(1).Select
となっていた部分が、
  .Item(1).Cell(1, 1).Select
になっています。

TableオブジェクトのCellメソッドを使ってセルを表すCellオブジェクトを取得して(Cellメソッドは1つ目の引数に行番号、2つ目の引数に列番号を指定します)、

表のセルを選択するWord VBAのコード

CellオブジェクトのSelectメソッドで選択を行っています。

上記のマクロで「Cell(1, 1)」の数値を変更して、どのセルが選択されるかを是非ご確認ください。

アクティブなページに表が存在しなかったときに、実行時エラーが発生することを考慮しなければ、
 ActiveDocument.Bookmarks("\Page").Range.Tables(1).Cell(1, 1).Select
というコードでだけでOKですので、上記のマクロが理解できないという場合は、まずはこのコードで動作をご確認ください。

表の最後のセルを選択するサンプルマクロ

以下のようなマクロで、アクティブなページの、1つ目の表の、最後の行の、最後の列のセルを選択することができます。


Sub アクティブページの表の最後のセルを選択する()

 With ActiveDocument.Bookmarks("\Page").Range.Tables
  If .Count = 0 Then Exit Sub
  With .Item(1)
   .Cell(.Rows.Count, .Columns.Count).Select
  End With
 End With

End Sub

RowsオブジェクトのCountプロパティで行数、ColumnsオブジェクトのCountプロパティで列数を取得して、Cellメソッドの引数に指定しています。

[スポンサードリンク]

Home » ワードマクロ・Word VBAの使い方 » 表・テーブル » 表のセルを選択するWord VBAのコード

TrackBack:0

TrackBack URL

Home » ワードマクロ・Word VBAの使い方 » 表・テーブル » 表のセルを選択するWord VBAのコード

「表・テーブル」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.