Home » ワードマクロ・Word VBAの使い方 » 表・テーブル » 表を作成・挿入するWordマクロ

表を作成・挿入するWordマクロ

対象:Word2007, Word2010, Word2013

「ワード vba 表 作成」
「word マクロ 表作成」
「word vba table作成」
といった検索で、このサイト・インストラクターのネタ帳へのアクセスが時折あることに気づきました。

Wordで表を作成するマクロ・VBA(Visual Basic for Applications)のコードを探している方による検索です。

「ワード vba 表 作成」
「word マクロ 表作成」
「word vba table作成」
という検索キーワードだけでは、どんな表を、どこに、どうやって作りたいのかがわかりませんので、ここでは、シンプルなマクロをご紹介しておきます。

[スポンサードリンク]

カーソル位置に表を作成・挿入するサンプルマクロ

カーソルのある位置に、空っぽの表を作成・挿入するWordマクロです。


Sub カーソル位置に表を挿入する()

 Dim tbl As Table

 Set tbl = ActiveDocument.Tables.Add( _
  Range:=Selection.Range, _
  NumRows:=5, _
  NumColumns:=3)

 tbl.Style = "表 (格子)"

End Sub

上記のマクロを実行すると、カーソルのある位置に、5行3列の表が作成され、「表 (格子)」スタイルが適用されます。

サンプルマクロの解説

TablesコレクションオブジェクトのAddメソッドを使うと表を作成することができます。

表を作成するWordマクロ

引数・Rangeでどこに作成するか、NumRows・NumColumnsで表の行数・列数をそれぞれ指定します。

引数・RangeにはRangeオブジェクトを指定する必要がありますから、
まずSelectionプロパティでSelectionオブジェクトを取得して、

表を作成するWordマクロ

取得したSelectionオブジェクトのRangeプロパティでRangeオブジェクトを、

表を作成するWordマクロ

指定するようにしています。
  Range:=Selection.Range, _

Tables.Addメソッドは作成されたTableオブジェクトを返しますから、上記の例では変数・tblに格納してから、
 Set tbl = ActiveDocument.Tables.Add( _

変数・tblを使って、Table.Styleプロパティでスタイルを指定しています。
 tbl.Style = "表 (格子)"

表を作成するWordマクロ

関連語句
現在のカーソル位置に表を挿入する
[スポンサードリンク]

Home » ワードマクロ・Word VBAの使い方 » 表・テーブル » 表を作成・挿入するWordマクロ

TrackBack:0

TrackBack URL

Home » ワードマクロ・Word VBAの使い方 » 表・テーブル » 表を作成・挿入するWordマクロ

「表・テーブル」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.