Home » ワードマクロ・Word VBAの使い方 » 表・テーブル » Word VBAで表の列を削除する

対象:Word2007, Word2010, Word2013

「word vba 表 列削除」
という検索で、このサイト・インストラクターのネタ帳へのアクセスがありました。

表の列を削除するWord VBAのコードを探している方による検索です。

「word vba 表 列削除」
という検索キーワードだけでは、どの表のどの列を削除したかったのか、まではわかりませんので、参考になりそうなマクロを2つご紹介します。

[スポンサードリンク]

表の指定した列を削除するサンプルマクロ

以下のようなマクロで、アクティブな文書に含まれるすべての表から、2列目を削除することができます。
Sub 表の2列目を削除する()
 Dim tbl As Table
 For Each tbl In ActiveDocument.Tables
  tbl.Columns(2).Delete
 Next tbl
End Sub

アクティブ文書内の、すべてのTableにループを回して、
 For Each tbl In ActiveDocument.Tables

2つ目の列を削除しています。
  tbl.Columns(2).Delete

3列目を削除するなら、もちろん
  tbl.Columns(3).Delete
です。

表の一番右側の列・最後の列を削除するサンプルマクロ

以下のようなマクロで、アクティブ文書に含まれるすべての表から、一番右側・最後の列を削除することができます。
Sub 表の一番右側の列を削除する()
 Dim tbl As Table
 For Each tbl In ActiveDocument.Tables
  tbl.Columns.Last.Delete
 Next tbl
End Sub

Word VBAの、表内の列全体を表すColumnsコレクションには、最後の列を表すColumnオブジェクトを取得するためのLastプロパティが存在します。

最終更新日時:2020-04-08 13:30

[スポンサードリンク]

Home » ワードマクロ・Word VBAの使い方 » 表・テーブル » Word VBAで表の列を削除する

TrackBack:0

TrackBack URL

Home » ワードマクロ・Word VBAの使い方 » 表・テーブル » Word VBAで表の列を削除する

「表・テーブル」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.