Home » ワードマクロ・Word VBAの使い方 » 表・テーブル » 表の複数行を選択するWordマクロ

表の複数行を選択するWordマクロ

対象:Word2007, Word2010, Word2013

「ワードマクロ 表の先頭2行を選択」
という検索が、このサイト・インストラクターのネタ帳で行われていました。

表の先頭2行を選択するWordマクロ・Word VBA(Visual Basic for Applications)のコードを探している方による検索です。

「ワードマクロ 表の先頭2行を選択」
という検索だけでは、どの表の先頭2行なのかがわかりませんので、参考になりそうなマクロを2つご紹介しておきます。

[スポンサードリンク]

カーソルの置かれている表の先頭2行を選択するサンプルマクロ

ひとつ目は、カーソルの置かれている表の、はじめの2行を選択するサンプルマクロです。


Sub カーソルのある表の先頭2行を選択する()

 On Error GoTo ErrHndl

 With Selection.Tables(1)
  .Rows(1).Select
  Selection.End = .Rows(2).Range.End
 End With

 Exit Sub

ErrHndl:
 Err.Clear
End Sub

カーソルの置かれている、1個目の表の、
 With Selection.Tables(1)

1行目を選択して、
  .Rows(1).Select

選択範囲の末尾を表の2行目の最後に移動しています。
  Selection.End = .Rows(2).Range.End

表内にカーソルが置かれていないときや、表がそもそも1行しかなかったときなどに実行時エラーが発生しますから、
 On Error GoTo ErrHndl
と、エラー実行時にはラベル・ErrHndlに飛ぶようにしています。

アクティブなページの一つ目の表の先頭2行を選択するサンプルマクロ

もうひとつ、アクティブなページの、一つ目の表の先頭2行を選択するサンプルマクロをご紹介しておきます。


Sub アクティブページの表の先頭2行を選択する()

 On Error GoTo ErrHndl

 With ActiveDocument.Bookmarks("\Page").Range.Tables(1)
  .Rows(1).Select
  Selection.End = .Rows(2).Range.End
 End With

 Exit Sub

ErrHndl:
 Err.Clear
End Sub

先のマクロで、
 With Selection.Tables(1)
となっていた部分が、
 With ActiveDocument.Bookmarks("\Page").Range.Tables(1)
になっているのがコード上の違いです。

[スポンサードリンク]

Home » ワードマクロ・Word VBAの使い方 » 表・テーブル » 表の複数行を選択するWordマクロ

TrackBack:0

TrackBack URL

Home » ワードマクロ・Word VBAの使い方 » 表・テーブル » 表の複数行を選択するWordマクロ

「表・テーブル」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.