Home » ワードマクロ・Word VBAの使い方 » 表・テーブル » 表の最終行に行を追加するWordマクロ

表の最終行に行を追加するWordマクロ

対象:Word2007, Word2010, Word2013

「word vba 表 最終行に行の追加」
という検索で、このサイト・インストラクターのネタ帳へのアクセスがありました。

表の最終行の、上か、下に、行を追加・挿入するWordマクロ・VBA(Visual Basic for Applications)のコードを探している方による検索です。

[スポンサードリンク]

表の最終行の下に行を挿入するサンプルマクロ

以下のようなマクロで、アクティブな表の最終行の下に、行が1行追加されます。


Sub 最終行の下に行を追加する()

 Selection.Tables(1).Rows.Add

End Sub

TableオブジェクトのRowsコレクションオブジェクトのAddメソッドを実行すると、

表の最終行に行を追加するWordマクロ

最終行の下に行が追加されます。

表の最終行の上に行を挿入するサンプルマクロ

最終行の上に行を追加する場合は、以下のようなマクロです。


Sub 最終行の上に行を挿入する()

 With Selection.Tables(1)
  .Rows.Add BeforeRow:=.Rows.Last
 End With

End Sub

表の最終行の下に行を追加するのと同じRows.Addメソッドですが、引数・BeforeRowを指定すると、その指定された行の上に行を挿入できます。

ここでは最終行の前に挿入したいので、Rows.Addメソッドの引数にSelection.Table(1).Rows.Lastを指定しています。

RowsコレクションオブジェクトのLastプロパティで表の最終行を表すRowオブジェクトを取得できるところも、

表の最終行に行を追加するWordマクロ

ポイントでしょうか。

Selectionオブジェクトを使って表の最終行の下に行を挿入するサンプルマクロ

上記の2つのマクロは、Rowsコレクションオブジェクトを操作するものですが、Selectionオブジェクトを使っても、表の最終行の上や下に行を追加することができます。

マクロ記録機能を使った場合は、Selectionオブジェクトを使ったコードが作られます。


Sub 最終行の下に行を挿入する_Selection()

 Selection.Tables(1).Rows.Last.Select
 Selection.InsertRowsBelow

End Sub

上記のようなマクロで、アクティブな表の最終行の下に、行が1行追加されます。

RowsコレクションオブジェクトのLastプロパティで返される、アクティブな表の最終行を表すRowオブジェクトをSelectメソッドで選択しておいてから、
 Selection.Tables(1).Rows.Last.Select

表の最終行に行を追加するWordマクロ

SelectionオブジェクトのInsertRowsBelowメソッドを実行しています。
 Selection.InsertRowsBelow

表の最終行に行を追加するWordマクロ

Selection.InsertRowsBelowでは引数に数値を指定することで、複数の行をまとめて追加することもできます。

Selectionオブジェクトを使って表の最終行の上に行を挿入するサンプルマクロ

以下のようなマクロにすると、アクティブな表の最終行の上に、行が1行追加されます。


Sub 最終行の上に行を挿入する_Selection()

 Selection.Tables(1).Rows.Last.Select
 Selection.InsertRowsAbove

End Sub

先のSelection.InsertRowsBelowメソッドを使ったマクロとほとんど同じですが、使うメソッドがInsertRowsAboveメソッドであるところだけが違います。

表の最終行に行を追加するWordマクロ

[スポンサードリンク]

Home » ワードマクロ・Word VBAの使い方 » 表・テーブル » 表の最終行に行を追加するWordマクロ

TrackBack:0

TrackBack URL

Home » ワードマクロ・Word VBAの使い方 » 表・テーブル » 表の最終行に行を追加するWordマクロ

「表・テーブル」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.