Home » ワードマクロ・Word VBAの使い方 » 表・テーブル » 表の最大列数を取得するWordマクロ

表の最大列数を取得するWordマクロ

対象:Word2007, Word2010, Word2013

「word vba 表 最大列数 取得」
という検索で、このサイト・インストラクターのネタ帳へのアクセスがあることに気づきました。

複数の表が存在しているときに、それらの表の最大列数を取得する、Word VBA(Visual Basic for Applications)のコードを探している方による検索でしょうか。

[スポンサードリンク]

表の最大列数を取得するサンプルマクロ

いつものように参考になりそうな、簡単なマクロをご紹介しておきます。


Sub 表の最大列数を取得()

 Dim tbl As Table
 Dim cnt As Long

 cnt = 0
 For Each tbl In ActiveDocument.Tables

  With tbl.Columns
  If .Count > cnt Then
   cnt = .Count
  End If
  End With

 Next tbl

 If cnt = 0 Then
  MsgBox "表は存在しません。"
 Else
  MsgBox "最大列数は、" & cnt & " です。"
 End If

End Sub

上記のマクロを実行すると、アクティブな文書の表の最大列数を調べ、
「最大列数は、n です。」
といったメッセージが表示されます。

アクティブ文書上に表が存在しなかったときは
「表は存在しません。」
というメッセージが表示されます。

サンプルマクロの解説

変数・cntを「0」にしておいてから、
 cnt = 0

全Tableにループを回して、
 For Each tbl In ActiveDocument.Tables

Tableの、すべての列を表すColumnsコレクションオブジェクトの、Countプロパティで列数を調べ、変数・cntより大きかった場合は、
  With tbl.Columns
  If .Count > cnt Then

変数・cntの値をColumns.Countプロパティの値に置き換えています。
   cnt = .Count

ループ処理が終わったら、変数・cntの値に応じてメッセージボックスを表示しています。

[スポンサードリンク]

Home » ワードマクロ・Word VBAの使い方 » 表・テーブル » 表の最大列数を取得するWordマクロ

TrackBack:0

TrackBack URL

Home » ワードマクロ・Word VBAの使い方 » 表・テーブル » 表の最大列数を取得するWordマクロ

「表・テーブル」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.