Home » いちばんやさしいPowerPoint VBAの教本 » Applicationオブジェクトもローカルウィンドウで確認しましょう

Applicationオブジェクトもローカルウィンドウで確認しましょう

拙著『いちばんやさしいPowerPoint VBAの教本』では、ローカルウィンドウを使ってオブジェクト変数の中身を確認する実習を繰り返し行っています。

同様にApplicationオブジェクトも確認しましょう。

Applicationオブジェクトを確認するSubプロシージャ

以下のようなSubプロシージャを用意して、ローカルウィンドウを表示してステップ実行してください。
Sub Applicationを確認する()
  Dim app As Application
  Set app = Application
End Sub

P.078のワンポイント「コードに書かれるApplicationもプロパティ」でもお伝えしている、Applicationプロパティの戻り値をオブジェクト変数appに代入するだけのSubプロシージャです。

まず確認すべきApplicationオブジェクトのプロパティ

Applicationオブジェクトにも、ローカルウィンドウで確認できる引数不要なプロパティがたくさん用意されています。

上記のSubプロシージャをステップ実行して、以下のようなプロパティを、まずはご確認ください。

Application.Version

PowerPointのバージョンを取得するVersionプロパティ

Application.Build

PowerPointのビルド番号を取得するBuildプロパティ

Application.DisplayGridLinesとApplication.DisplayGuides

PowerPoint上で、グリッドを表示するか否かを設定できるDisplayGridLinesプロパティと、ガイドを表示するか否かを設定できるDisplayGuidesプロパティ等

以上のようなプロパティの実際のデータを見て、Applicationオブジェクトについてのイメージを深めてください。

ActivePresentation下はLesson 14の実習と同じ

拙著のLesson 14「Presentationが持つプロパティについて学習しましょう」の実習では、グローバルなActivePresentationプロパティの戻り値を代入したオブジェクト変数prsの中身をローカルウィンドウで確認しています。

上記のSubプロシージャで使っているオブジェクト変数appの、ActivePresentation下に表示されるデータは、

ActivePresentationプロパティの戻り値を代入したオブジェクト変数と同じであることも、あわせてご確認ください。

最終更新日時:2020-02-20 05:01

[スポンサードリンク]

Home » いちばんやさしいPowerPoint VBAの教本 » Applicationオブジェクトもローカルウィンドウで確認しましょう

TrackBack:0

TrackBack URL

Home » いちばんやさしいPowerPoint VBAの教本 » Applicationオブジェクトもローカルウィンドウで確認しましょう

「いちばんやさしいPowerPoint VBAの教本」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.