Home » パワーポイントマクロ・PowerPoint VBAの使い方 » Slide・スライド » 全スライドをリセットするPowerPointマクロ

全スライドをリセットするPowerPointマクロ

対象:PowerPoint2007, PowerPoint2010, PowerPoint2013, Windows版PowerPoint2016

フォントを一括変更するPowerPointマクロをご紹介しました。

プレースホルダーのフォントも、このマクロを使って変更することは可能です。

スライドのリセット機能

ですが、プレースホルダーについては、マスター側から変更するのが、PowerPoint本来の使い方でしょう。

個々のスライドで、プレースホルダーのフォントが変更されてしまっている場合は、[ホーム]タブ-[スライド]グループ-[リセット]ボタンからスライドをリセットして、

全スライドをリセットするPowerPointマクロ

マスターどおりの見た目に戻すことを先に行うべきだと感じます。

[スポンサードリンク]

全スライドをリセットするサンプルマクロ

このスライドのリセットをVBA(Visual Basic for Applications)から行うことも可能です。


Sub すべてのスライドをリセットする()

 ActiveWindow.ViewType = ppViewSlideSorter
 ActivePresentation.Slides.Range.Select
 With Application.CommandBars
  If .GetEnabledMso("SlideReset") Then
   .ExecuteMso "SlideReset"
  End If
 End With

End Sub

上記のマクロを実行すると、スライド一覧表示モードになって、すべてのスライドがリセットされます。

サンプルマクロの解説

2003までのPowerPointの場合は、
 ActiveWindow.Selection.SlideRange.Layout = レイアウトを表す定数
といったコードでリセットが行われ、フォントもマスターと同じ状態に戻すことができました。

ですが、2007以降のPowerPointでは、この方法ではフォントをマスターと同じにすることはできなくなってしまっています。

そこで、CommandBars.ExecuteMsoメソッドを使ったマクロにしました。

スライド一覧表示にして、
 ActiveWindow.ViewType = ppViewSlideSorter

すべてのスライドを選択しておいて、
 ActivePresentation.Slides.Range.Select

「SlideReset」コマンドが実行可能なときに、
 With Application.CommandBars
  If .GetEnabledMso("SlideReset") Then

「SlideReset」コマンドを実行しています。
   .ExecuteMso "SlideReset"

[スポンサードリンク]

Home » パワーポイントマクロ・PowerPoint VBAの使い方 » Slide・スライド » 全スライドをリセットするPowerPointマクロ

TrackBack:1

TrackBack URL
スライドマスターのフォントを変更するPowerPointマクロ from インストラクターのネタ帳
スライドマスター上のプレースホルダーのフォントを変更するPowerPoint(パワーポイント)マクロをご紹介しています。
[スポンサードリンク]

Home » パワーポイントマクロ・PowerPoint VBAの使い方 » Slide・スライド » 全スライドをリセットするPowerPointマクロ

「Slide・スライド」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.