Home » パワーポイントマクロ・PowerPoint VBAの使い方 » Slide・スライド » 全スライドを選択するPowerPointマクロ

全スライドを選択するPowerPointマクロ

対象:PowerPoint2007, PowerPoint2010, PowerPoint2013, Windows版PowerPoint2016

複数のスライドを選択するPowerPointマクロをご紹介しました。

PowerPoint VBA(Visual Basic for Applications)で、すべてのスライドを選択したいというニーズもあるようです。

「vba powerpoint 全シート選択」
といった検索で、このサイト・インストラクターのネタ帳へのアクセスも見られます。

「全シート」と表現されていますが、PowerPointですから「全スライド」のことだろうと解釈しています。
[スポンサードリンク]

全スライドを選択するサンプルマクロ

以下のようなマクロで、全スライドを選択することができます。


Sub すべてのスライドを選択する()

 ActiveWindow.ViewType = ppViewSlideSorter
 ActivePresentation.Slides.Range.Select

End Sub

サンプルマクロの解説

既にご紹介している複数のスライドを選択するPowerPointマクロよりシンプルなコードです。

Slides.Rangeメソッドは、オブジェクトブラウザーの詳細ペインに「Function Range([Index]) As SlideRange」と記述されているとおり、引数を指定しないことも可能で、

全スライドを選択するPowerPointマクロ

引数を指定しなければ、SlidesコレクションオブジェクトのすべてのRangeオブジェクトを含むSlideRangeオブジェクトを返してきます。

そのSlideRangeオブジェクトのSelectメソッドで全スライドを選択しているのが、

全スライドを選択するPowerPointマクロ

上記のコードです。

[スポンサードリンク]

Home » パワーポイントマクロ・PowerPoint VBAの使い方 » Slide・スライド » 全スライドを選択するPowerPointマクロ

TrackBack:1

TrackBack URL
全スライドをリセットするPowerPointマクロ from インストラクターのネタ帳
アクティブなプレゼンテーションファイルのすべてのスライドをリセットするPowerPointマクロをご紹介しています。
[スポンサードリンク]

Home » パワーポイントマクロ・PowerPoint VBAの使い方 » Slide・スライド » 全スライドを選択するPowerPointマクロ

「Slide・スライド」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.