Home » パワーポイントマクロ・PowerPoint VBAの使い方 » Slide・スライド » 最後のスライドを表示・選択するPowerPointマクロ

最後のスライドを表示・選択するPowerPointマクロ

対象:PowerPoint2007, PowerPoint2010, PowerPoint2013

「パワポ vba 最後のスライドを選択」
という検索でこのサイト・インストラクターのネタ帳へのアクセスがあることに気が付きました。

最後のスライドを選択するPowerPoint VBA(Visual Basic for Applications)のコードを探している方による検索です。

[スポンサードリンク]

最後のスライドを表示・選択するサンプルマクロ

参考になりそうな、簡単なマクロをご紹介しておきます。


Sub 最後のスライドを選択する()
 ActiveWindow.View.GotoSlide _
  Index:=ActivePresentation.Slides.Count
End Sub

上記のマクロを標準モードで実行すれば、アクティブなプレゼンテーションファイルの最後のスライドが表示され、スライド一覧モードで実行した場合は最後のスライドが選択されます。

サンプルマクロの解説

グローバルメンバーのActiveWindowプロパティで、DocumentWindowオブジェクトを取得して、

最後のスライドを表示・選択するPowerPointマクロ

DocumentWindowオブジェクトのViewプロパティでViewオブジェクトを取得して、

最後のスライドを表示・選択するPowerPointマクロ

ViewオブジェクトのGotoSlideメソッドでスライドを選択しています。

最後のスライドを表示・選択するPowerPointマクロ

選択したいスライドは、View.GotoSlideメソッドの引数・Indexにスライド番号を指定します。

今回は、最後のスライドを選択・表示したいので、「ActivePresentation.Slides.Count」を、ViewオブジェクトのGotoSlideメソッドの引数に指定しています。

オブジェクト式「ActivePresentation.Slides.Count」の意味は以下のとおりです。

グローバルメンバーのActivePresentationプロパティでPresentationオブジェクトを取得して、

最後のスライドを表示・選択するPowerPointマクロ

PresentationオブジェクトのSlidesプロパティでSlidesコレクションオブジェクトを取得して、

最後のスライドを表示・選択するPowerPointマクロ

SlidesコレクションオブジェクトのCountプロパティで全スライドの数(即ち最後のスライド番号)を取得しているのが、

最後のスライドを表示・選択するPowerPointマクロ

オブジェクト式「ActivePresentation.Slides.Count」です。

[スポンサードリンク]

Home » パワーポイントマクロ・PowerPoint VBAの使い方 » Slide・スライド » 最後のスライドを表示・選択するPowerPointマクロ

TrackBack:0

TrackBack URL

Home » パワーポイントマクロ・PowerPoint VBAの使い方 » Slide・スライド » 最後のスライドを表示・選択するPowerPointマクロ

「Slide・スライド」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.