Home » パワーポイントマクロ・PowerPoint VBAの使い方 » Slide・スライド » スライドの向きを変更するPowerPointマクロ

スライドの向きを変更するPowerPointマクロ

対象:PowerPoint2007, PowerPoint2010, PowerPoint2013

「powerpoint vba スライドの向き」
「パワーポイントマクロ スライドの向き」
という検索でこのサイト・インストラクターのネタ帳へのアクセスが時折あることに気が付きました。

PowerPoint 2013の場合[デザイン]タブ-[ユーザー設定]グループ-[スライドのサイズ]-[ユーザー設定のスライドのサイズ]から、PowerPoint 2010・2007の場合は[デザイン]タブ-[ページ設定]グループ-[スライドの向き]から、スライドの向きを変更できます。

「powerpoint vba スライドの向き」
「パワーポイントマクロ スライドの向き」
は、VBA(Visual Basic for Applications)・マクロで、このスライドの向きの変更を行うにはどのようなコードを書けばいいのかを探していた方による検索キーワードです。

この検索キーワードだけでは詳細がわかりませんので、ここでは参考になりそうな簡単なマクロをご紹介しておきます。

[スポンサードリンク]

アクティブプレゼンテーションのスライドの向きを変更するサンプルマクロ

以下のマクロで、アクティブなプレゼンテーションのスライドの向きを縦に変更できます。


Sub スライドの向きを縦にする()
 ActivePresentation.PageSetup.SlideOrientation _
  = msoOrientationVertical
End Sub

上記のマクロで利用しているオブジェクトモデルの階層関係は下図のとおりです。

スライドの向きを変更するPowerPointマクロ

PowerPointマクロとしては非常に浅いシンプルな階層関係です。

PageSetupオブジェクトのSlideOrientationプロパティに、

スライドの向きを変更するPowerPointマクロ

MsoOrientation列挙に定義されている、

スライドの向きを変更するPowerPointマクロ

定数・msoOrientationVerticalを指定すれば上記のマクロのように縦向きに、定数・msoOrientationHorizontalを指定すれば横向きになります。

全プレゼンテーションのスライドの向きを変更するサンプルマクロ

(このニーズがあるのかどうかわかりませんが)以下のようなマクロにすれば、開いているすべてのプレゼンテーションファイルのスライドの向きを変更することができます。


Sub スライドの向きを縦にする_全プレースホルダ()
 Dim prs As Presentation

 For Each prs In Presentations
  prs.PageSetup.SlideOrientation _
   = msoOrientationVertical
 Next prs
End Sub

先のアクティブプレゼンテーションのスライドの向きを変更するコードを、For Each~Nextループの中で、全プレゼンテーションファイルに対して行っています。
 For Each prs In Presentations
  prs.PageSetup.SlideOrientation _
   = msoOrientationVertical

[スポンサードリンク]

Home » パワーポイントマクロ・PowerPoint VBAの使い方 » Slide・スライド » スライドの向きを変更するPowerPointマクロ

TrackBack:1

TrackBack URL
スライドサイズを4対3に変更するPowerPointマクロ from インストラクターのネタ帳
スライドサイズを4対3に変更する、PowerPoint(パワーポイント)マクロをご紹介しています。
[スポンサードリンク]

Home » パワーポイントマクロ・PowerPoint VBAの使い方 » Slide・スライド » スライドの向きを変更するPowerPointマクロ

「Slide・スライド」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.