Home » パワーポイントマクロ・PowerPoint VBAの使い方 » マスター » スライドマスターのフォントを変更するPowerPointマクロ

スライドマスターのフォントを変更するPowerPointマクロ

対象:Excel2007, Excel2010, Excel2013, Windows版Excel2016

ExcelマクロユーザーのためのPowerPoint VBA入門講座』の開催にあたって採らせていただいたアンケートをもとに、全スライドのフォントを一括変更するPowerPointマクロと、プレースホルダーについてはスライドマスターから指定するのがPowerPointの正しい使い方という考えに基づき全スライドをリセットするPowerPointマクロをご紹介しました。

[スポンサードリンク]

この二つのマクロの考え方を理解した上で、ではスライドマスター上のプレースホルダーのフォントを、VBA(Visual Basic for Applications)から変更するにはどうすればいいのだろうという疑問も生まれるはずです。

そんな疑問にお応えするPowerPointマクロをご紹介しておきます。

スライドマスターのフォントを変更するサンプルマクロ

以下のようなマクロで、スライドマスターの、日付プレースホルダー以外のプレースホルダーの、フォントを変更することができます。


Sub スライドマスターのフォントを変更する()

 Const FNT_NAME = "HG教科書体"

 Dim shp As Shape

 With ActivePresentation.SlideMaster.Shapes
  For Each shp In .Placeholders

   If shp.PlaceholderFormat.Type <> ppPlaceholderDate Then
    With shp.TextFrame.TextRange.Font
     .Name = FNT_NAME
     .NameFarEast = FNT_NAME
    End With
   End If

  Next shp
 End With

End Sub

サンプルマクロの概略

アクティブなプレゼンテーションファイルの、スライドマスターの全プレースホルダーにFor Each~Nextループを回して、
 With ActivePresentation.SlideMaster.Shapes
  For Each shp In .Placeholders

日付プレースホルダーではなかったときに、
   If shp.PlaceholderFormat.Type <> ppPlaceholderDate Then

フォントの変更処理を行っています。
    With shp.TextFrame.TextRange.Font
     .Name = FNT_NAME
     .NameFarEast = FNT_NAME

サンプルマクロで利用しているオブジェクトモデルの注意点

このマクロで利用しているオブジェクトモデルでは、以下のような点が要注意だと感じます。

PresentationオブジェクトのSlideMasterプロパティで、スライドマスターを表すMasterオブジェクトを取得できる点、

スライドマスターのフォントを変更する

Placeholdersプロパティが、Shapesコレクションのメンバーである点、

スライドマスターのフォントを変更する

Placeholdersコレクションの単一オブジェクトが、Shapeオブジェクトである点です。

スライドマスターのフォントを変更する

[スポンサードリンク]

Home » パワーポイントマクロ・PowerPoint VBAの使い方 » マスター » スライドマスターのフォントを変更するPowerPointマクロ

TrackBack:0

TrackBack URL

Home » パワーポイントマクロ・PowerPoint VBAの使い方 » マスター » スライドマスターのフォントを変更するPowerPointマクロ

Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.