Home » パワーポイントマクロ・PowerPoint VBAの使い方 » Slide・スライド » 先頭のスライドをアクティブにするPowerPointマクロ

先頭のスライドをアクティブにするPowerPointマクロ

対象:PowerPoint2007, PowerPoint2010, PowerPoint2013

「パワーポイントマクロ スライド1をアクティブにする」
という検索で、このサイト・インストラクターのネタ帳へのアクセスがあることに気が付きました。

先頭のスライド・1枚目のスライドをアクティブにするPowerPoint VBA(Visual Basic for Applications)のコードを探している方による検索です。

[スポンサードリンク]

アクティブなプレゼンテーションファイルの先頭スライドをアクティブにするサンプルマクロ

以下のようなマクロで、アクティブなプレゼンテーションファイルの、先頭のスライドをアクティブにすることができます。


Sub 先頭のスライドをアクティブにする()

 ActiveWindow.View.GotoSlide Index:=1

End Sub

ViewオブジェクトのGotoSlideメソッドの引数・Indexに、アクティブなスライド番号を指定すれば、その番号のスライドをアクティブにすることができますから、ここでは「1」を指定しています。

すべてのプレゼンテーションファイルの先頭スライドをアクティブにするサンプルマクロ

複数のプレゼンテーションファイルを開いているときに、すべてのファイルで先頭のスライドをアクティブにするというニーズが、実務ではありそうです。


Sub 全プレゼンテーションで先頭のスライドをアクティブにする()

 Dim win As DocumentWindow

 For Each win In Windows
  win.View.GotoSlide Index:=1
 Next win
 
End Sub

すべてのDocumentWindowオブジェクトに対してFor Each~Nextループを回して、
 For Each win In Windows
ViewオブジェクトのGotoSlideメソッドの引数・Indexに「1」を指定しています。
  win.View.GotoSlide Index:=1

すべてのDocumentWondowオブジェクトを含むDocumentWindowsコレクションオブジェクトを取得するのが、Windowsプロパティだというところが、

先頭のスライドをアクティブにするPowerPointマクロ

プロパティ名と返されるオブジェクト名が異なっているため、ちょっと注意が必要だと感じます。

[スポンサードリンク]

Home » パワーポイントマクロ・PowerPoint VBAの使い方 » Slide・スライド » 先頭のスライドをアクティブにするPowerPointマクロ

TrackBack:0

TrackBack URL

Home » パワーポイントマクロ・PowerPoint VBAの使い方 » Slide・スライド » 先頭のスライドをアクティブにするPowerPointマクロ

「Slide・スライド」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.