Home » パワーポイントマクロ・PowerPoint VBAの使い方 » Slide・スライド » 最後のスライド番号を取得するPowerPointマクロ

最後のスライド番号を取得するPowerPointマクロ

対象:PowerPoint2007, PowerPoint2010, PowerPoint2013

「powerpoint vba 最後のスライド番号取得」
という検索で、このサイト・インストラクターのネタ帳へのアクセスがありました。

最後のスライド番号を取得するPowerPoint VBA(Visual Basic for Applications)のコードを探している方による検索です。

最後のスライド番号とは

この検索キーワードで「スライド番号」と表現されているものが、何を意味しているのかがポイントです。

例えば、「10枚」のスライドが存在するプレゼンテーションファイルで「10」を取得したいのならば、最後のスライドのスライド番号は、結局スライドの総枚数と同じですから、
 ActivePresentation.Slides.Count
というコードで最後のスライド番号を取得しているのと同じことになります。

ですが、「10枚」のスライドが存在するプレゼンテーションファイルで、スライド開始番号を変更して例えば「0」にしているときに、スライド上に表示されるスライド番号「9」を取得したいということならば、
 ActivePresentation.Slides.Count
ではダメです。

[スポンサードリンク]

最後のスライド番号を取得するサンプルマクロ

スライド開始番号を変更しているときに、最後のスライド上に表示されるスライド番号を取得したいということであれば、以下のようなコードにする必要があります。


Sub 最後のスライド番号を取得する()

 With ActivePresentation
  MsgBox .Slides(.Slides.Count).SlideNumber
 End With

End Sub

上記のマクロを実行すると、アクティブなプレゼンテーションの、最後のスライド番号が、メッセージボックスに表示されます。

SlideオブジェクトのSlideNumberプロパティが、スライド上に表示されるスライド番号を返してくれます。

最後のスライドを表すSlideオブジェクトを取得するために、PresentationオブジェクトのSlidesプロパティの引数にSlides.Countプロパティを指定して、SlideNumberプロパティを利用しているのが上記のコードです。

上記のコードが理解できない場合は、以下のように変数を使って分解してみることをおすすめします。


Sub 最後のスライド番号を取得する_変数利用()

 Dim cnt As Long ''スライドの総数
 Dim num As Long ''スライド番号

 cnt = ActivePresentation.Slides.Count
 num = ActivePresentation.Slides(cnt).SlideNumber

 MsgBox num

End Sub

[スポンサードリンク]

Home » パワーポイントマクロ・PowerPoint VBAの使い方 » Slide・スライド » 最後のスライド番号を取得するPowerPointマクロ

TrackBack:0

TrackBack URL

Home » パワーポイントマクロ・PowerPoint VBAの使い方 » Slide・スライド » 最後のスライド番号を取得するPowerPointマクロ

「Slide・スライド」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.