Home » ExcelVBA Rangeオブジェクト » Rangeオブジェクトをウォッチウィンドウで

Rangeオブジェクトをウォッチウィンドウで

対象:Excel2010, Excel2013, Windows版Excel2016

「vba ウォッチ式 range」
という検索キーワードでのアクセスがありました。

ExcelのRangeオブジェクトを、VBEのデバッグツールのひとつウォッチウィンドウで確認するために、

Rangeオブジェクトをウォッチウィンドウで

ウォッチ式をどう書けばいいのかを探していらしたのでしょうか。

[スポンサードリンク]

Rangeオブジェクトを取得する式をウォッチ式に

ウォッチ式には、代入文の右辺に書く式を追加すればいいのですから、Rangeオブジェクトの場合、該当するRangeオブジェクトを取得するオブジェクト式を、ウォッチ式として追加します。

具体例を見ましょう。
Rangeオブジェクトを取得する、もっとも基本的なプロパティは、Range・Cells・ActiveCellです。

例えば、
  Dim rng As Range
と宣言されているときに、Range・Cells・ActiveCellプロパティを使って代入をするなら、
  Set rng = Range("A1")
  Set rng = Cells(1, 1)
  Set rng = ActiveCell
といった代入文を書きます。

この右辺の、
  Range("A1")
  Cells(1, 1)
  ActiveCell
を[ウォッチ式の追加]ダイアログの[式]欄に、

Rangeオブジェクトをウォッチウィンドウで

入力して[OK]ボタンを押せばOKです。

ウォッチウィンドウのサンプル

Range("A1")・Cells(1, 1)・ActiveCellを登録後に、プロシージャをステップ実行すると、下図のようにRangeオブジェクトをウォッチウィンドウで確認できます。

「Range("A1")」を追加した場合

Rangeオブジェクトをウォッチウィンドウで

「Cells(1, 1)」を追加した場合

Rangeオブジェクトをウォッチウィンドウで

「ActiveCell」を追加した場合

Rangeオブジェクトをウォッチウィンドウで

ここでは、Range・Cells・ActiveCellプロパティの例を見ましたが、その他の、Range.Endプロパティ・Range.Offsetプロパティなどで取得したRangeオブジェクトの場合も同じです。

[スポンサードリンク]

Home » ExcelVBA Rangeオブジェクト » Rangeオブジェクトをウォッチウィンドウで

TrackBack:0

TrackBack URL

Home » ExcelVBA Rangeオブジェクト » Rangeオブジェクトをウォッチウィンドウで

「ExcelVBA Rangeオブジェクト」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.