Home » ExcelVBA Rangeオブジェクト » セル範囲をPDFで保存するマクロ-Range.ExportAsFixedFormat

セル範囲をPDFで保存するマクロ-Range.ExportAsFixedFormat

対象:Excel2010, Excel2013, Windows版Excel2016

オブジェクトブラウザー:Range.ExportAsFixedFormat

「ActiveSheet.ExportAsFixedFormat Type:=xlTypePDF 選択した範囲を」
という検索キーワードでのアクセスに気付きました。

選択したセル範囲をPDF保存する、Excel VBAのコードを探していらしたのでしょうか。

[スポンサードリンク]

ExportAsFixedFormatメソッドはRangeオブジェクトにもある

「ActiveSheet.ExportAsFixedFormat Type:=xlTypePDF 選択した範囲を」
とのことですが、オブジェクトブラウザーで「ExportAsFixedFormat」を検索してみると、

オブジェクトブラウザー:ExportAsFixedFormat

RangeオブジェクトにもExportAsFixedFormatメソッドが存在することがわかります。

選択したセル範囲をPDF保存するサンプルマクロ

で、Range.ExportAsFixedFormatメソッドを使った、以下のようなSubプロシージャでPDF保存できます。


Sub PDF保存する_選択したセル範囲()
 Const PATH_ = "C:\TEMP\"

 Dim rng As Range
 Set rng = ActiveWindow.RangeSelection
 rng.ExportAsFixedFormat _
   Type:=xlTypePDF, _
   Filename:=PATH_ & rng.Parent.Name
End Sub

上記のSubプロシージャを実行すると選択したセル範囲が、「C:\TEMP\」フォルダーに、ワークシートの名前でPDF保存されます。

WindowオブジェクトのRangeSelectionプロパティで選択されているセル範囲を表すRangeオブジェクトを取得して、ExportAsFixedFormatメソッドを実行しています。

[スポンサードリンク]

Home » ExcelVBA Rangeオブジェクト » セル範囲をPDFで保存するマクロ-Range.ExportAsFixedFormat

TrackBack:0

TrackBack URL

Home » ExcelVBA Rangeオブジェクト » セル範囲をPDFで保存するマクロ-Range.ExportAsFixedFormat

「ExcelVBA Rangeオブジェクト」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.