Home » ExcelVBA Rangeオブジェクト » ActiveCell.Rowとは

動作検証バージョン:64bit Windows 10 Pro + 32bit Excel(バージョン2007 ビルド13029.20344 Microsoft Store)

「activecell row 意味」
「activecell rowとは」
といった検索キーワードで、時折アクセスがあります。

Excel VBAのコード「ActiveCell.Row」の意味を調べていた方による検索です。

[スポンサードリンク]

もう少し深く調べようとしている
「ActiveCell.Row 型」
という検索キーワードでもアクセスがあります。

ActiveCell.Rowとは

結論からお伝えすると、以下のとおりです。

▼Excel VBAのコード「ActiveCell.Row」とは
アクティブなセルの行番号を取得するコード
戻り値はLong・長整数型

ActiveCell.Rowをイメージしましょう

もう少し細かくコード「ActiveCell.Row」を読解し、イメージしましょう。

まず「ActiveCell」は、(既に解説しているとおり)アクティブなセルを表すRangeオブジェクトを取得する、Excel VBAのグローバルなプロパティです。

「ActiveCell」につづく「.Row」は、Rangeオブジェクトに用意されている、セルの行番号を取得するためのプロパティです。
ActiveCellがオブジェクトを取得するプロパティであるのに対し、Range.Rowは、拙著『いちばんやさしいExcel VBAの教本』「Lesson 52 プロパティは2種類あることを知っておきましょう」で解説している、単なるデータを取得するためのプロパティです。

「ActiveCell.Row」というコードを見て、ActiveCellプロパティが評価されてアクティブなセルを表すRangeオブジェクトが返される様子をまずイメージし、つづいてRangeオブジェクトに用意されているRowプロパティで、アクティブセルの行番号を表す整数が返される様子をイメージしておきましょう。

「ActiveCell.Row + 1」とは

「ActiveCell.Row + 1」
といった検索でもアクセスがあります。

「ActiveCell.Row」が、アクティブセルの行番号を返すコードであることを明確にイメージできていれば、難しくないでしょう。

「ActiveCell.Row + 1」とは、アクティブセルの行番号に1を足し算しているコードです。

[スポンサードリンク]

Home » ExcelVBA Rangeオブジェクト » ActiveCell.Rowとは

TrackBack:0

TrackBack URL

Home » ExcelVBA Rangeオブジェクト » ActiveCell.Rowとは

「ExcelVBA Rangeオブジェクト」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.