Home » ExcelVBA Rangeオブジェクト » TextToColumnsメソッドで上書き確認を非表示に

TextToColumnsメソッドで上書き確認を非表示に

対象:Excel2007, Excel2010, Excel2013, Windows版Excel2016

「エクセル マクロ texttocolumns 上書き」
という検索キーワードでアクセスがありました。

Range.TextToColumnsメソッドを使ったサンプルマクロ

RangeオブジェクトのTextToColumnsメソッドを使うと

TextToColumnsメソッドで上書き確認を非表示に

[区切り位置]機能をVBAから利用できます。

[スポンサードリンク]

例えば、以下のSubプロシージャを、


Sub TextToColumnsメソッドのサンプル()
 ActiveCell.TextToColumns _
   Destination:=ActiveCell.Offset(0, 1), _
   DataType:=xlDelimited, _
   Comma:=True
End Sub

「松, 竹, 梅」
というデータの入力されているセルがアクティブな状態で実行すると、
右方向のセルに
「松」「竹」「梅」
と1文字ずつに分解することができます。

このときに、分解先のセルに、何らかの文字列が入っているときには、
「既にデータがありますが、置き換えますか?」
という確認メッセージが表示されます。

この確認メッセージを表示させない方法を、
「エクセル マクロ texttocolumns 上書き」
と検索なさった方は探していらしたのではないかと想像しています。

TextToColumnsメソッドで上書き確認を非表示に

以下のようなSubプロシージャにすれば、上書きの確認メッセージを非表示にできます。


Sub TextToColumnsメソッドのサンプル_上書き確認非表示()
 Application.DisplayAlerts = False
 ActiveCell.TextToColumns _
   Destination:=ActiveCell.Offset(0, 1), _
   DataType:=xlDelimited, _
   Comma:=True
 Application.DisplayAlerts = True
End Sub

シート削除の確認メッセージを非表示にすることでよく知られている、Application.DisplayAlertsプロパティをFalseに設定しておけばOKということです。

[スポンサードリンク]

Home » ExcelVBA Rangeオブジェクト » TextToColumnsメソッドで上書き確認を非表示に

TrackBack:0

TrackBack URL

Home » ExcelVBA Rangeオブジェクト » TextToColumnsメソッドで上書き確認を非表示に

「ExcelVBA Rangeオブジェクト」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.