Home » VBE(Visual Basic Editor) » ウォッチ式に変数でないものを

ウォッチ式に変数でないものを

対象:Excel2010, Excel2013, Windows版Excel2016

ウォッチ式に変数でないものを

「vba ウォッチウィンドウ 変数以外」
という検索キーワードでのアクセスがありました。

VBE(Visual Basic Editor)のウォッチウィンドウで、変数ではないものを確認するにはどうすればいいのか、探していた方による検索です。

ウォッチ式には代入文の右辺に書かれる式を指定できる

結論からいえば、ウォッチウィンドウで変数以外を確認するには、代入文の右辺に書かれる式ウォッチ式として登録すればOKです。

[スポンサードリンク]

単なるデータを返すプロパティをウォッチ式として登録

簡単な実例から確認しましょう。


Sub ウォッチ式_単なるデータを返すプロパティの場合()
 Dim sh1_name As String
 sh1_name = Sheets(1).Name
End Sub

「vba ウォッチウィンドウ 変数以外」
と検索なさった方は、上記のようなプロシージャであれば、String型の変数sh1_nameをウォッチ式に登録して、ウォッチウィンドウで確認できることをご存知なはずです。

ウォッチ式に変数でないものを

代入文の右辺に書かれる式をウォッチ式として登録できるのですから、上記のプロシージャであれば「Sheets(1).Name」という式を、下図のように指定できます。

ウォッチ式に変数でないものを

なお、ウォッチ式に変数を登録した場合とは違って、代入文が実行されていない、ステップ実行に入った直後に、値を確認できていることにも注目しておきましょう。

オブジェクトを返すプロパティをウォッチ式として登録

2種類あるプロパティのうち、オブジェクトを返す式も登録できます。


Sub ウォッチ式_オブジェクトを返すプロパティの場合()
 Dim sh1 As Worksheet
 Set sh1 = Sheets(1)
End Sub

ウォッチ式には、普通の変数だけでなく、オブジェクト変数も指定できます。

上記のプロシージャであれば、Worksheet型のオブジェクト変数sh1をウォッチ式として登録して、下図のように確認できます。

ウォッチ式に変数でないものを

で、代入文の右辺に書かれる式をウォッチ式として登録できるのですから、上記のプロシージャであれば「Sheets(1)」という式を指定できます。

ウォッチ式に変数でないものを

ウォッチ式にはプロシージャに登場しない式も指定できる

ここまでは理解のために、プロシージャの中に登場する式を指定する例をご覧いただきましたが、ウォッチ式にはプロシージャに登場しない式も指定できます。

ウォッチ式に変数でないものを

中身の存在しないプロシージャでも、上図のように確認できます。

「Sheets(1).Name」のように文字列を返す式だけでなく、「Sheets(1)」のようなオブジェクトを返す式も、もちろん指定できます。

[スポンサードリンク]

Home » VBE(Visual Basic Editor) » ウォッチ式に変数でないものを

TrackBack:1

TrackBack URL
Validationオブジェクトの中身を見る from インストラクターのネタ帳
ローカルウィンドウとウォッチウィンドウを使ってValidationオブジェクトの中身を見る方法をご紹介しています。

Home » VBE(Visual Basic Editor) » ウォッチ式に変数でないものを

「VBE(Visual Basic Editor)」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.