Home » VBE(Visual Basic Editor) » 検索のショートカットキー−F3キー


検索のショートカットキー−F3キー

対象:Visual Basic Editor

VBE(Visual Basic Editor)で、ショートカットキー:[Shift]+[F2]を使って、簡単に定義元へジャンプできることをご紹介しました。

ソースコードの解析やデバッグ時に、[Sfift]+[F2]キーや、元の箇所へ戻るための[Ctrl]+[Shift]+[F2]キー同様、覚えておきたいショートカットキーがあります。

検索のショートカットキーです。

[スポンサードリンク]

[検索]ダイアログを表示させるショートカットキーは、ほとんどのWindowsアプリケーションソフト同様、VBE(Visual Basic Editor )でも[Ctrl]+[F]で、これはVBEを使えるレベルの方ならご存知だと思います。

もう一つ覚えておきたいのは、[検索]ダイアログを閉じた後に、その直前で検索した文字列を再度検索するためのショートカットキーです。


▼次を検索するショートカットキー
[F3]キー

▼前を検索するショートカットキー
[Shift]キー+[F3]キー

ソースコードの解析やデバッグをする際には重宝するショートカットキーだと思いますので、是非お試しください。

なお、ここではVBEのショートカットキーとしてご紹介しましたが、Windows上で動作するテキストエディタと呼ばれるソフトの多くが、次を検索・前を検索のショートカットキーを、[F3]・[Shift]+[F3]に割り当てているようです。

私が利用している「TeraPad」がそうですし、超有名な「秀丸エディタ」もそのはずです。

[スポンサードリンク]

Home » VBE(Visual Basic Editor) » 検索のショートカットキー−F3キー

TrackBack:1

TrackBack URL
次を検索・前を検索のショートカットキー from インストラクターのネタ帳
対象:Word 97,2000,2002,2003 Windows上で動作するエディタソフトでは、次を検索するショートカットに、[F3]キーが割り当てられていることが多いです。 検索する文字列をダイアログ上で指定し、そのダイアログを消してしまってから再度検索を続ける際に[F3]キーを押...

Home » VBE(Visual Basic Editor) » 検索のショートカットキー−F3キー

「VBE(Visual Basic Editor)」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.