Home » VBE(Visual Basic Editor) » Application(上位オブジェクトへの参照)を省略できるプロパティとは


Application(上位オブジェクトへの参照)を省略できるプロパティとは

対象:Visual Basic Editor

上位オブジェクトへの参照を省略できるプロパティを確認する

VBAのオブジェクト式(オブジェクトを取得・操作するコード)は
「上位オブジェクトへの参照.プロパティ」
と書くのが基本です。

(上位のオブジェクトへの参照は、上位のオブジェクトを取得するオブジェクト式のときもあれば、上位のオブジェクトを参照しているオブジェクト変数のときもあります)

基本は上記のとおりですが、一部の、よく使われるプロパティについては、上位のオブジェクトへの参照を省略することができます。

言語を文法から学習していこうというタイプの方の場合、どういうプロパティで、上位オブジェクトへの参照・Applicationプロパティを省略できるのか、気になるようです。

そういった方からは、
「Applicatinを書かなければいけないときと、書く必要のないときの違いは何でしょう?」
といったご質問をいただくことがあります。

[スポンサードリンク]

Application・上位のオブジェクト式を省略できるプロパティを確認する

VBAのコードを書くためのツール・VBE(Visual Basic Editor)で、この上位オブジェクトへの参照(上位のオブジェクト式)を省略できるプロパティを確認する方法をご紹介しておきます。

オブジェクトブラウザを使うと、上位のオブジェクト式を省略できるプロパティを調べることができます。


▼上位オブジェクトへの参照を省略できるプロパティを確認する手順
※Excel VBAの上位オブジェクトへの参照を省略できるプロパティを確認する例

[F2]キーを押してオブジェクトブラウザを表示
 ↓
[プロジェクト/ライブラリ]ボックスで「Excel」を選択
 ↓
[クラス]ペインで「グローバル」を選択

初期状態では「すべてのライブラリ」と表示されている、下図の[プロジェクト/ライブラリ]ボックスから

上位オブジェクトへの参照を省略できるプロパティを確認する

「Excel」を選択して、
下図のように[クラス]ペインで「グローバル」を選択したときに、

上位オブジェクトへの参照を省略できるプロパティを確認する

右側の[メンバー]ペインに表示されているプロパティが、

上位オブジェクトへの参照を省略できるプロパティを確認する

上位オブジェクトの参照を省略できるプロパティです。

逆に言えば、これ以外のプロパティについては原則どおり
「上位オブジェクトへの参照.プロパティ」
と書く必要があります。

オブジェクトブラウザでグループごとに表示する

なお、オブジェクトブラウザの[メンバー]ペインが、プロパティ・メソッドが入り混じって表示されている場合は、オブジェクトブラウザ内で右クリックして表示されるショーカットメニューから[グループメンバー]を選択してチェックマークをつけると、プロパティやメソッドなどがまとまって表示されるようになります。

上位オブジェクトへの参照を省略できるプロパティを確認する

ここでご紹介した、上位のオブジェクト式を省略できるプロパティを調べる方法は、オブジェクトブラウザの使い方の中で大切なものの一つです。

[スポンサードリンク]

Home » VBE(Visual Basic Editor) » Application(上位オブジェクトへの参照)を省略できるプロパティとは

TrackBack:12

TrackBack URL
「オブジェクト名.プロパティ」という解説に騙されるな from インストラクターのネタ帳
VBA(Visual Basic for Applications)の、オブジェクトを参照する式・オブジェクト式の中で出てくるRangeは、プロパティであ...
PowerPoint VBAではなぜSelectionから書き始められないのか from インストラクターのネタ帳
PowerPoint(パワーポイント)VBAの場合Selectionがグローバルメンバーではないため、Excel(エクセル)・Word(ワード)と異なり、...
VBAのArray関数は2つあるのではないかという話 from インストラクターのネタ帳
VBA(Visual Basic for Applications)には、オブジェクトブラウザーに表示されるVBA.Array関数と、表示されないArra...
オブジェクトブラウザーに表示されるアイコンの意味 from インストラクターのネタ帳
VBE(Visual Basic Editor)のオブジェクトブラウザーに表示されるアイコンの意味を一覧にまとめています。
シートを指定してRangeを取得する from インストラクターのネタ帳
対象:Excel2007, Excel2010, Excel2013, Win...
Unionメソッドの使い方 from インストラクターのネタ帳
コレクションとしてのRangeオブジェクトを返す、ApplicationオブジェクトのUnionメソッドを使ったExcel(エクセル)マクロをご紹介しています。
VBAのParentとは from インストラクターのネタ帳
VBA(Visual Basic for Applications)で時折見かけるParentプロパティについてご紹介しています。
選択セルを取得する-Selectionプロパティ from インストラクターのネタ帳
対象:Excel2007, Excel2010, Excel2013, Win...
VBAでアクティブウィンドウ名を取得するには? from インストラクターのネタ帳
Excel VBAでは、オブジェクト式ActiveWindow.Captionで、タイトルバーに表示されている文字列を取得・設定できます。
定義された名前の数を取得-Names.Countプロパティ from インストラクターのネタ帳
Names.Countプロパティで、定義された名前の数を取得できます。
アクティブセルを表すRangeオブジェクトを取得する-ActiveCellプロパティ from インストラクターのネタ帳
ActiveCellプロパティを使うとアクティブなセルを表すRangeオブジェクトを取得できます。
コンパイルエラーになるオブジェクトと実行時エラーになるオブジェクト from インストラクターのネタ帳
Excel VBAの場合、オブジェクトに存在しないプロパティ・メソッドを呼ぶコードを書いても、コンパイルエラーではなく実行時エラーが発生するケースがあります。

Home » VBE(Visual Basic Editor) » Application(上位オブジェクトへの参照)を省略できるプロパティとは

「VBE(Visual Basic Editor)」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.