Home » エクセルマクロ・Excel VBAの使い方 » Sheets・Worksheet » VBAで特定シートのみ再計算する-Worksheet.Calculate

VBAで特定シートのみ再計算する-Worksheet.Calculate

対象:Excel2007, Excel2010, Excel2013, Windows版Excel2016

VBAで特定シートのみ再計算する

「vba 特定のシート 再計算」
「excel vba 現在のシートのみ再計算」
「アクティブシートのみさいけいs再計算マクロ」
といった検索で、このサイト『インストラクターのネタ帳』へのアクセスが時折あります。

Excel VBAで、特定のワークシートのみ再計算を行うには、どのようなコードを書けばいいのかを探していた方による検索キーワードです。

[スポンサードリンク]

アクティブシートのみ再計算するサンプルマクロ

以下のSubプロシージャを実行すると、アクティブなワークシートのみ再計算が行われます。


Sub アクティブシートのみ再計算を行う()
 ActiveSheet.Calculate
End Sub

WorksheetオブジェクトのCalculateメソッドで、特定のワークシートのみ再計算を行うことができます。

VBAで特定シートのみ再計算する

上記のプロシージャの場合、ActiveSheetプロパティでアクティブなワークシートを表すWorksheetオブジェクトを取得していますから、アクティブシートのみの再計算です。

例えば「Worksheets(1).Calculate」なら一番左のワークシートのみの再計算、「Worksheets("Sheet1").Calculate」ならばSheet1シートのみの再計算です。

マクロ記録も使いましょう

Excelには[数式タブ]に、アクティブシートのみ再計算するコマンドが用意されています。

VBAで特定シートのみ再計算する

この[シート再計算]コマンドを実行する操作をマクロ記録すると、以下のようなSubプロシージャが作られます。
  Sub Macro1()
   ActiveSheet.Calculate
  End Sub
先にご紹介したのと、まったく同じコードです。

マクロ記録では、いまいちなコードが作られてしまうことが多いのも事実ですが、いきなり検索するよりも、試しにやってみるほうが、はるかに大切だと私は考えます。

[スポンサードリンク]

Home » エクセルマクロ・Excel VBAの使い方 » Sheets・Worksheet » VBAで特定シートのみ再計算する-Worksheet.Calculate

TrackBack:0

TrackBack URL

Home » エクセルマクロ・Excel VBAの使い方 » Sheets・Worksheet » VBAで特定シートのみ再計算する-Worksheet.Calculate

「Sheets・Worksheet」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.